FC2ブログ

蜜蜂転飼(飼育)調整会議・研修会

蜜蜂転飼(飼育)調整会議及び研修会に行ってきました。

毎年この会議で、前もってミツバチ飼育者から出された飼育届が集約された資料に基づき、話し合いが行われて承認されます。
それは蜜源を適正に利用するための調整会議です。・・・殆どは配置計画に異議なしで通過したのですが、中には色々な問題が出て調整がまとまらず、調整中として先延ばしされたものも有りました。
img125.jpg




研修会講師には日本養蜂協会の副会長さんが講演されましたが、私としては目からウロコ物が有り大変参考になりました。

その主な物は(交尾に関して)
* 小さなコロニーで交尾させる・・・女王蜂の受精率は巣板1枚以下か1枚ほどにすると受精率が非常に良い
* 女王蜂を作る時期は早い時期か夏を過ぎてからが良い
* 巣門を一定方向では無く多方向に向ける
* 本州での女王生産は4月から入梅までとし、交尾時間は昼から午後までで蜂場に入らない

他に
* 働き蜂もオス蜂も平気で他の箱に出入りする
* 巣脾は2~3年で交換する・・・巣房が小さくなりハチが小さくなる・雑菌が繁殖する
* 花粉が少ないと幼蜂は増えない
* 集蜜のピークは、ハチ数では無く外勤蜂数のピークにする
等でした。
img135.jpg




研修会での講演の様子
DCF00230.jpg




タイラン水溶散投薬のデモンストレーションの様子
DCF00228.jpg




タイラン水溶散を粉糖と混合したものをふるいを使って振りかけてます
DCF00226.jpg
スポンサーサイト

コメント

研修会
つばき さん こんばんは~

飼育届は毎年出していますが、そういった案内は来ません。研修会を開催しているのかどうかも不明です。
私も最初飼育届を出したら協会に入会したいとも入れて呉れとも云って無いのに、協会から会費と1群幾らの請求書が来たため怒って問い合わせたのですが、会長から丁寧な説明文が届いたので入会したのですが、今では大変役立ってます。

養蜂業者の減少により、県による配置調整は行われなくなったようです。
配置調整なしで上手く行っているのなら大変良い事だと思います。
研修会
飼育届は毎年出していますが、そういった案内は来ません。研修会を開催しているのかどうかも不明です。
養蜂業者の減少により、県による配置調整は行われなくなったようです。
研修会
つばき さん  お早うございます

色々解からない事が多い私には為になりますし、先輩たちとの交流の場にもなり、色々聞けて良かったです。

県に飼育届を提出すると案内が届き、誰でも出席できます。

養蜂協会に入会すると、その他にも協会が主催する講習や行事に参加できます。

県に飼育届提出しても調整会議に出席しない人が居る為、調整が取れず承認が取れない人も出てきましたし又、個人情報保護で直接連絡も取れず困っていた人も居ました。
研修会
為になるお話でしたね。

この会議は誰でも参加できるのですか?それとも会員のみ?調整が必要な地域だけですか?

管理者のみに表示

トラックバック