雪の中から巣箱を掘り出しました!

私は自分の技術向上のためと実験を兼ね複数個所に蜂場を設けていますが、今回だいぶ春らしくなってきたので一番近い洋蜂の巣箱を掘り出してみる事にしました。 積雪のある時期に春の日差しを浴び巣箱内が暖かくなると、ハチは春が来たと勘違いして巣箱を飛び出し、雪の上に落ちたり寒気に当たったりで凍え死ぬとも聞いているのですが、昨年ある先輩の教えでは、今まで試した所凍え死ぬハチも多いが消滅も避けられ立ち上がりも早いので雪を掘ってますと話してました。
よって私もこの蜂場のハチは、気温の暖かくなる日を選んで貯蜜等を調べ、給餌・代用花粉・新聞紙などの交換が必要か判断しようと思っています。

この雪の下には西洋ミツバチの箱が3箱あります。 此処は近いので如何にか行けましたが、山の中はまだまだ見に行く事は出来ません。
DCF00220_2018022316330634e.jpg



どうにか行って掘り起こしましたよ!・・・\(^o^)/
DCF00218_20180223163304964.jpg



こんな風になりました。・・・此れでミツバチ達は暖かくなると出る事が出来るでしょう  o(^▽^)o
DCF00219_201802231632599c9.jpg



巣箱は入口を狭くし、ダンボールと断熱材で包み、入口には雪よけ風よけとして板を立て掛けてます。
DCF00215.jpg



雪掘りを終え一休みしていたら、何か懐かしい羽音が・・・・?!
見ると巣箱の屋根の先端に止まりました。・・・まだ雪が残っている所なのに凍え死ぬのではと心配していたのですが脱糞をして、水を吸うようなしぐさをして何処かに飛んで行きました。
DCF00213.jpg




此方の巣箱では日の当たる所に止まり・・・日向ぼっこをしている様でした (^∇^) 
DCF00217_20180223163257688.jpg




日向ぼっこは気持ちよさそう~ ( ^ω^ )・・・・その後体が温まったのか巣箱の中に入って行きました。
断熱材と段ボールの間に死んでいるハチがいますが、此れは初冬に間違って間に入り込み出られなくなったハチです。
この様な事が有ると、まだまだ技術が未熟だと考えさせられます。・・・・何時も何時も春まで頑張ってくれと願うばかりの私です。
DCF00216.jpg
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック