ニホンミツバチが虎視眈々

先日久しぶりに晴れた日、西洋ミツバチの蜂場を見回った時小春日和の日差しで遊んで居た西洋ミツバチの中に、黒いミツバチ~が!・・・ニホンミツバチです。 
普通は体が大きい西洋ミツバチが身体の小さいニホンミツバチの巣を襲うのですが、反対にニホンミツバチが西洋ミツバチの入り口を覗っていました。

太陽の日差しで暖かくなった巣箱を出て、遊んでいるのか仕事をしているのか動き回っている西洋ミツバチ達・・・
DSCN5376.jpg



そこに何か毛色の違った黒いミツバチが・・・1匹
DSCN5375_20171218204052e23.jpg



ニホンミツバチです・・・花蜜の少ないこの時期蜜の匂いに誘われ盗蜜に来ます   (*`へ´*)
DSCN5379.jpg



今度は2匹になって入口を覗っています。 ε=ε=(怒゚Д゚)ノ
身体の大きな西洋ミツバチはニホンミツバチよりは強いのでしょうが、気温の低い今の時期は砂漠に育った西洋よりは北限に近いニホンミツバチの方が寒さに強く、初冬の今は優勢なのかも知れません。・・・・春になると逆転したような???
DSCN5378.jpg



今は雪も降ってこの状態で春を待ちます。・・・雪は1m程積もり巣箱は埋もれてしまいますが、頑張れ我が愛蜂たちよ! ♪───O(≧∇≦)O────♪
此処に来たニホンミツバチは、自宅に1箱置いている所から近いのでそこから来ていると思います。・・・山のニホンミツバチはもう行く事は出来ません。  西洋ミツバチは違う環境で3カ所に分け越冬させています。
DSCN5475.jpg
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック