初めての合同

先日西洋ミツバチの合同を初めて行いました。
ある程度の蜂群を飼育して居ると、産卵の極端に悪い女王蜂や蜜集めの悪い群れや凶暴な群れが出る事が有ります。
その様な女王蜂や群れを排除するため、合同して優秀な蜂群を作るよう工夫しています。 何より強い群れにして厳しい冬を乗り越え春を迎えさせるため・・・。

この箱の蜂群に産卵の芳しくない女王蜂の蜂群を合同します。 排除した女王蜂は4~5匹の働き蜂と共に保温箱の中で隠居して貰います。
DCF00181.jpg



新聞紙合同と云う方法で二つの群れを1群にします。
この場合は、下の箱にある程度産卵の活発な群れの上に新聞紙を敷き、カッターナイフなどで少し仕切りに傷をつけ空気だけが流通出来る様にし、その上に継箱を載せます。
DCF00158_201709102344206f3.jpg



横から見るとこの様な形になります。
この継枠の中に、産卵不良の女王蜂を抜いた群れの巣板をハチの付いたまま移動し、蓋をして完了です。
DCF00150_20170910234419559.jpg



下段に女王入り、上段に女王蜂を抜いた蜂群を移して蓋をした状態がこんな感じ・・・
ミツバチは、別な群れ同士では匂いが違う為激しく喧嘩し合います。 そこで新聞紙で仕切りをし空気だけが混じり合うように傷をつけ、お互いの匂いを混じり合わせ時間をかけ同じ群れと認識した頃に、自分たちで新聞紙を齧り破って上の群れと下の群れが喧嘩することなく合同するとの事です。・・・・はて! 初めての合同上手く行きますかどうか??
他に日本酒や香水みたいなもので合同する方法も有る様です。 どれが一番良い方法なのかな~!?
DCF00147.jpg
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック