多産でおとなしい女王蜂作り

温和で多産、その上分蜂熱を起こさない優秀な群れが1群居るので、その血統を絶やさず多く育てようと分割を決意
時期的には少し遅いかも知れませんが、2段満群になりオス蜂も健在なので今日分割してきました。
その女王蜂は昨年の女王蜂で、良く観察して見たら前よりお腹も小さくなり威厳も落ちたようで、この冬を越えられるかと心配になったから・・・。

分割するに当たり2段群の周りに空箱・ブロックなど必要な物を用意して準備完了
DSCN4767.jpg


2段群の入り口センターに印をしてそこを元群と分割群の真ん中にしました。
DSCN4771.jpg


そして女王捜し・・・女王は右側の元巣に入れ左側には卵と蜂児の多い巣枠を入れます。
DSCN4772.jpg


この様に2段を、左の空箱には卵と蜂児と蜜の入った巣枠を入れ、分割群として変成王台が出来るのを待ちます。
右の元巣には、女王蜂と少しの蜂児とハチミツの枠を入れました。・・・後は等分に働き蜂が入ってくれるのを待ちます。
DSCN4773.jpg


ところが働き蜂が帰って来る方向によるのか、左に多く集まってしまったのでそれに合わせて、二つの箱の入り口の調整をしました。
DSCN4775.jpg


左の分割群は蜂児を多く入れたので、何日かすると働き蜂が多くなり、右の元群は女王蜂が卵を産むので、暫らくすると働き蜂も多くなると思います。・・・その辺は内検しながら、蜂児枠を移動しながら調整しようと考えてます。
DSCN4776.jpg


今日の作業はこれで完了ですが、上手く行って女王蜂が多く出来たら荒い群れや産卵の少ない女王蜂の更新もしようと思います。・・・上手く行かなくとも、此れも経験と思い今後の糧としたいと思います。
DSCN4777.jpg
スポンサーサイト

コメント

No title
西が蜂さん こんばんは~
カーニオラン種は低温に強いと云われ、其方にしようと考えたのですが、現在養蜂屋に飼われているミツバチは皆雑種で、各種の良い所だけを伸ばした日本の環境に合うように改良されたものだと聞いて、改良種にして居る為黄色っぽいのから黒っぽい者も出てきます。・・・それで私も、この環境に合うものが出来れば良いなと考えて居ます。・・・その前に中々なんです。 (^_^;  頑張りましょう!!
No title
山爺さとう さん  こんばんわ

私の蜂場には蓋を開けただけで向かってくる攻撃的な蜂群が居ます、ある養蜂家は荒いくらいの蜂でなければ蜜は集めないと言っていたので我慢して飼って居るのですが、私も出来れば温厚な多産系の蜂を増やしたいのですが思うようには増やしたい群増群は出来ず、今年は温厚なカーにオン種蜂を1群居れたのでカーにオン雑種が増えれば温厚な蜂が増えればと来年に期待しているところです。
巣箱の位置と入口の印
群馬の山さん こんばんは~

有難う御座います。・・・そうですね! 少しずつ離して行くようにして見ます。
それと巣箱の前面に違うパターンの印もつけて見ます。
巣箱の位置
こんばんは

 このままでは交尾飛行から帰ってきた女王バチがとなりの箱に迷い込んでしまう危険が多くなるので、その時期までに2メートルくらい離して私は巣門の上に目印になるようなものを貼っています。
 広告紙やカレンダーなどですが、それぞれの箱が全く違うパターンになるように貼り付けておくのですが、これをやるようになって帰還率が上がったような気がします。

管理者のみに表示

トラックバック