西洋ミツバチその後

昨年から始めた西洋ミツバチ、無事越冬した4群を2箇所の蜂場で2群2群に分けて飼育しました。
何だかんだと云いながら、給餌・王台潰し・病気の管理・増群管理等をどうにかやって来たのですが、忙しすぎる中にも面白い事もたくさん有りました。

洋蜂№1の蜂場の様子です。・・・2箱が4箱に増えました。  
DSCN4639.jpg


雑草も伸び盛りです。
此処で増群の際他の箱から沢山の王台が付いた巣枠を1枚入れ女王が出蜂する頃点検したら無事生まれていました。
まだ生まれて居ない王台が2個有ったので自宅に持ち帰り保温器に入れる事にしました。 そして自宅に帰り持ち帰った王台を見ると蓋が開いていました。・・・するとどこかで羽音がするので探すと女王蜂が生まれていました。・・・ビックリでした!!
DSCN4640.jpg



洋蜂№2の蜂場の様子・・・2箱が6箱に増えました。 此処は柿畑の中で蜜源は有りそうで無さそう? どちらか解かりませんが今年も増群して元気な蜂を育てる事に専念です。
DSCN4647_201706132137084b5.jpg



下草も私が刈ろうと思っていたのですが、持ち主が刈ってくれました。
此処では4箱を分割増群したのですが、女王蜂が王台から生まれたか如何か確認していたのですが、無事生まれてちょこちょこ歩き回っていたので一安心でした。しかしその瞬間、突然私の目の前で飛び立って行ってしまいました。 ビックリしましたが起こってしまった事はしょうがないと、翌日ひやひやしながら確認に行ったら無事帰っていました。・・・こんな事も有るもんですね!
DSCN4646_20170613213707260.jpg



自宅に持ち帰った王台から生まれた女王蜂元気に保温箱の中で歩き回っています。
DSCN4643_201706130625567de.jpg



1つの群れに2匹の女王蜂が居ると、どちらかが出て行くかどちらかが死ぬまで戦いますので、此れは予備の女王蜂として確保しときます。
DSCN4644_20170613062555091.jpg



前に入れていた王台は生まれませんでしたが、一緒に付いていたオス蜂の巣房からは雄蜂が生まれましたが、2週間ほど元気でしたがついにダウン・・・!
DSCN4642.jpg



女王蜂は、自分でハチミツを舐めて元気に歩き回っていましす。
DSCN4645.jpg
スポンサーサイト

コメント

No title
そうです? (^_^)
ホワイトクローバーは、雑草の様に背が高く成らず、背の高い雑草予防になる様です。・・・そしてハチミツも多く出すし・・・(*゚ー゚)
柿畑
さとうさん、こんばんは。

ホワイトクローバーを残しているのは、持ち主さんの気遣いですか?

管理者のみに表示

トラックバック