趣味の籠編み

1昨年から趣味で、クルミや瓜肌楓・ウワミズザクラ・山葡萄の樹皮で、籠やストラップなどを作り始めています。
先生から習っているのですが中々上手く行かず、いつも叱られてばかり・・・。
私は山で樹皮を採り、家で乾燥したのち保管、その後使用する時に水で戻してテープ状に切って編みます。

第一作目・クルミの樹皮で作りました。 素編みと云うのかな?・・・柿渋とミツロウで仕上げています。
DSCN2656.jpg


斜めから・・・
DSCN2657.jpg


二作目・此れもクルミの樹皮製・・・クルミの皮は、表は白く裏は黒くなり白黒の模様を付ける事が出来ます。
DSCN2658.jpg


斜めから・・・此れも柿渋と蜜蝋仕上げですが、柿渋の色が濃すぎました。
DSCN2659.jpg


此れは第三作目・・・初めて先生の居ない自宅で、復習のつもりで作りました。 材料の非常に悪いものを使ったので、見た目も悪くその上粗雑です。
DSCN2509_201702091313407b3.jpg


斜めから
DSCN2511.jpg


此れは四作目、写真では小さく見えるんですが結構大きいんです。 そこで今は私のガラクタ入れになってます。
この編み方は大きな面が、樹皮の自然の良さを表すのに向いているので、私は好きです。  今度此れの、小さくて可愛いものを作って見ようと思います。
DSCN2512_20170209131815809.jpg


斜めから・・・これら 私が作ったものを編み方を、忘れない様に写真に残して置こうと考えて居ます。
DSCN2513.jpg


五作目、網代編みですが、少しずつ奇麗に出来る様になった感じがします。
DSCN2501.jpg


斜めから
DSCN2502.jpg


六作目・・・これも網代編み、瓜肌楓の樹皮マクワ瓜の模様に似ているとの事で、この名前だそうです。
もっと丁寧に作れば良い作品になるだろうに・・・形も悪い!
DSCN3589.jpg


斜めから
DSCN3588.jpg


7作目・・・クルミの細めの樹皮で編んだもの・・・私は表と裏皮を使ってこの模様を作るのが気に入っています。
DSCN3597.jpg


斜めから
DSCN3598.jpg


皆さんは、山葡萄の皮で財布やセカンドバック・籠などを上品に作っているのですが、私はまだ葡萄皮を奇麗に切る事が出来ず手を付ける事が出来ませんでした。
そこで綺麗なテープ状に切れなくても、有りのまま・自然のままで編む、乱れ編みに無謀にも挑戦!!・・・やはり上手くは出来ませんでした。・・・上手くなるには、数をこなし技術を磨くことに尽きると思います。
DSCN3386.jpg


斜めから
DSCN3385.jpg


こりもせず、又も山葡萄の乱れ編み・・・忘れない為にと・先回失敗した所を修正してと、只 じっくり技術を覚える事に専念!
と!! 思ったのですがやはり粗雑に出来てしまいました。 (^_^;
DSCN3388.jpg


斜めから・・・まぁ~ 趣味の籠作り焦らず行きましょう  (*´▽`*)   ところで趣味と・技術不足の為、販売などはしておりません。m(_ _)m

DSCN3387.jpg
スポンサーサイト

コメント

樹皮
umi925さん こんにちは~ いつも有難うございます。
第一の人生を卒業してから子供の頃に戻って、又・自然に関わった趣味やボランテアが出来たら良いなとの思いから、色んなものに手を出してます。
手を出し過ぎで時間が足りませんが、楽しいんです。
何時まで続くか解かりませんが、少しずつ少なくして、死ぬまで続けられれば本望かなと思ってるのかな~?・・・(^○^)
樹皮、
山爺さとうさん お早うございます、
どの作品も味わいがありますねぇ!八番目の乱れ編みが野趣豊かで好ましく惹かれます どの作品もその細やかな持ち手・縁取りに創りへの優しさを感じます 素敵な趣味をお持ちですね 販売は為さらない由 樹皮の確保 から一つの作品を創り上げる 自然との対峙
心地よく今日も晴ればれのスタートです。

管理者のみに表示

トラックバック