又も新潟の自生ワサビの種類は?

確か買った筈と云う本を探してみました。 今から30年程前に私の兄が大崎山の植物と云う本の編集をしたとの事で、記念に買ってやるかで購入した筈、もしかして載っているかと・・・その頃はキノコ・山菜・野鳥には興味あったが植物には全く興味なし・・・ヤット探し出しました。 それにはワサビは有りましたが、ユリワサビ・そしてオオユリワサビなる物は載っていませんでした。
大崎山は三条から秘境80里越えを通り、福島・只見に抜ける入口ですがまだ一般的な里山と思います。

この本は昭和61年に購入したと思います。 ここには410種531枚のスライド写真が載っているそうです。
DSCN3427.jpg


ワサビはこの様に載っていました。 他にユリワサビ及びオオユリワサビは載って居りませんでした。
大崎山は私たちの所と同じ里山と思えるので、同じ自生種のワサビだと考えられますが、しかし葉脈が違うような?・・・今度調べて見ようと思います。 大崎山に有る、森の幼稚園に孫が行っているので時々行くんです。(^_^)
DSCN3478.jpg


植物園や地元で発行されている書物で、結構ワサビと記述されているのでワサビなのかも知れませんが、兄が生きて居れば撮影した場所を聞き、同じ株を見てみたいものです。
春には、新潟の里山に咲く自生ワサビの種類を、植物園に聞きに行く事で解明されるでしょう。 (*´▽`*)
DSCN3479.jpg
スポンサーサイト

コメント

No title
つばきさん 今年も宜しくお願いします

この近くにある自生ワサビは、私が子供の頃以前から有るワサビですが、昔の人が畑や庭で育て易い様に雑種を作り、それが自然繁殖したとも考える事も出来ますね。、しかし若い頃 月山に春スキーに行き民宿に泊まった時も、同じ自生ワサビが其処ら中に有り、それを調理して出して呉れました。裏日本どこでも生えているようです。
雑種・・・気を付けようと思います。
本年も宜しくお願い致します
さとうさん、本年も宜しくお願い致します。

野生のワサビ類の生息地の近くで、品種改良されたワサビを栽培すると自然交雑が起こるようです。さとうさんの所の自生ワサビが元々、野生ワサビ、ユリワサビ、あるいはオオユリワサビであったとしても、雑種になっている可能性があるかもしれません。そうしてできた実生種は様々な中間型が出来るので、見た目では益々判別が難しくなってしまう…なので、以前紹介した岐阜大学で調べて頂かない限り、オオユリワサビかどうか判定が難しいのではないかなと思います。

さとうさんの所ではありふれた植物かもしれませんが、私の所では野生ワサビは珍しい植物です。

管理者のみに表示

トラックバック