スズメバチ捕獲器作成

秋も近付き、我らがミツバチ達もオオスズメバチに襲われる時期になって来ました。
そこで襲われて被害が出る前にと、スズメバチ捕獲器を製作しました。 オオスズメバチはミツバチを捕まえると、上に舞い上がり上に上にと進む習性を利用して捕獲する方法です。・・・初めて作るもので此れで良いのか心配 !?
色々ネットなどで調べはしたのですが・・・
ミツバチは通り抜けられて、スズメバチは通り抜けれないと思われる、8mm角の金網を使いました。

先ず、チョトした七つ道具と板を用意
DSCN2791.jpg


切り刻んみ、これで1台分
DSCN2792.jpg


1台分ビスで止め組み立てました。・・・上下2つに分けています。
DSCN2793.jpg


導入部に、捕獲部を載せて出来上がり・・・これに各々金網を張ります。
DSCN2794.jpg


ニホンミツバチは、オオスズメバチに対する対抗手段や防御方法を知っているのですが、西洋ミツバチは対抗も出来ず、殺されるばかりとの事で、我が西洋4群分を作りました。・・・1台だけ上部を透明プラスチック板で塞いでみました。
DSCN2795.jpg


角度を変えて・・・
DSCN2796.jpg


アップで
DSCN2798.jpg


横から・・・
DSCN2799.jpg


上から・・・
DSCN2800.jpg


下の内部から捕獲部への入り口を3カ所作りました。・・・サァ~ 上手く行きますでしょうか?
DSCN2802.jpg
スポンサーサイト

コメント

No title
86netさん 有難う御座います。
ギ酸パテは、アカリンダニにも効果があるんですね? すると日本・西洋1種類の薬品で対応するとの考えも有りですね。
色々調べてやって見ます。
西洋では、ヘギイタダニ耐性を持つとの事で、春にアピスタンを処方し、現在アピバールを購入して処方時期を検討しておりますが、ギ酸パテも良さそうですね。
No title
私は西洋の飼育経験はないですが、最近の養蜂家は、アビバール、アスビタンより蟻酸パテを入れてる人が多いと聞きますよ。
ヘギイタダニはすぐに耐性を持ち効かなくなるそうです。
蟻酸パテは「俵養蜂場」の通販サイトで購入できます。
安値で残留しないので蜂蜜を捨てずに済みます。
詳しくは西洋も飼育してる「山さん」にお聞きする方が間違いありません。

日本ミツバチのアカリンダニ感染した群れにも入れている人はいます。
最近は完全に感染した群れには入れるように勧めています。
No title
86netさん お早うございます。
何時も有難う御座います。 初めて西洋を購入し、初めてスズメバチ捕獲器を作って見ました。
色々なのを参考に作って見たのですが、入口の螺旋を作るのが面倒で、金網を山折りにした頂上を切りドジョウツヅ状にしました。 8mm角の金網を使ったのですが探すのに苦労しました。
ところで教えて貰い、オス蜂の幼虫を引っ張り出して見たら黒いダニが何割かに見られたのですが、アピバール直ぐに使うべきでしょうか?
(ミツバチの産卵が多い時期などは、ミツバチのさなぎとともに封蓋し守られたダニに対してアピバール®が接触浸透できないため、2週間ほどで成蜂が蓋を破ったときにダニが確認されることがあります。) との事ですが・・・経験がございましたら教えて下さい。
No title
おみごとな捕獲機です、
保護器を取り付けねば1割は消滅まで至ります。
まだオオスズメの姿は見ていませんがやっと私も取り付けました。

管理者のみに表示

トラックバック