山のニホンミツバチ洋箱2段

山のニホンミツバチ洋箱飼育、7枚満群になったので継箱をしました。
下段4枚と給餌兼用仕切り枠と仕切り枠を残し、3枚を継枠に上げ、両サイドを2cmの巣礎をガイドとした巣枠と、給餌兼用仕切り枠で囲みました。
上げる3枚はくっ付いて居たので、ハチを怒らせないため其の儘、団子にして上げました。・・・後で離すつもりなんですが・・・?
蓋した所も写真撮らなかったのと、逃げてないかと今日確認に行ったら、今まで通り元気にしてました。

継箱と2cmの巣礎をガイドとした巣枠、及び給餌兼用仕切り枠を用意
DCF00015.jpg


此処から3枚を継箱にあげました。
DCF00013_20160827155555f1f.jpg


3枚を継枠に上げ、両サイドを2cmの巣礎をガイドとした巣枠と給餌兼用仕切り枠で囲こんだのが、この状態・・・後は逃去しない様に給餌。
DCF00012_20160827155554627.jpg


今日見に行ったら元気にしてました。
DSCN2805.jpg


今日は結構涼しいのですが、外に出ているのはハチ数が多いからか?・・・初めての継箱何はともあれ良かったです。
DSCN2806.jpg


自宅の洋箱飼育群です。
DSCN2808.jpg


春にたくさんの死に蜂が出ていたので、メントールとアピスタンを入れて置いたのが効いたのか、立ち直って元気にしています。
DSCN2810.jpg


入居が少なかった山の重箱群も、どうにか元気に夏を越したようです。
DCF00001_20160827155713404.jpg
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック