2016年09月の記事 (1/1)

秋のタカの渡りを見る会

愛鳥センター主催のタカの渡りを見る会に行ってきました。
当日は渡りのタカはあまり多くは見れませんでしたが運良くハヤブサが餌を食べている所を余す所なく堪能する事が出来ました。
タカの渡りは日により非常に多く観察できる日と少ない時があり多い日はタカ柱が見れます。 時期と天候・風等など微妙な自然が影響するのだと思われます。 タカも見れたし小鳥も見れたし講師の先生の説明も良く楽しかったです。  (*´▽`*)

今日はタカや小鳥を含めて23種が観察されました。 タカ類はミサゴ・ハチクマ・トビ・ツミ・サシバ・ノスリ・クマタカ・ハヤブサの8種でした。
DSCN3048.jpg


番号に丸を付けたのが今日観察されたもの・・・
DSCN3049.jpg


皆で、双眼鏡などで赤トンボより小さく見えるタカを探します。 慣れた人は、赤トンボより小さく見えるタカでも素早く探して教えてくれました。
DSCN3013.jpg


近くで運よく一人の人が、獲物を食べているハヤブサを見つけて呉れたので、カメラに収める事が出来ました。
私の安物のカメラでは奇麗に撮る事が出来ませんが、ピンボケでも写す事が出来たので見えなくなるまで載せて見ます。
DSCN3011.jpg


羽根をむしって調理しています。・・・カケスだそうです。
DSCN3008.jpg


30分ほど食べて居たでしょうか? 食べ終わって此方を向いて警戒しています。
DSCN3024.jpg


見ると腹一杯食べたのでしょう、胃袋がはち切れそうにパンパンになっていました。
DSCN3029.jpg


此れも運よく飛び立ちをとらえる事が出来ました。
DSCN3030.jpg


そして皆の前を、サービスするかのように何回も何回も旋回して呉れました。・・・私も久しぶりにハヤブサを近くで、ゆっくり堪能する事が出来ました。 この様な観察会は、何十と云う目で鳥を探す事が出来、効率も上がり解説付きでも有り楽しいものでした。
DSCN3043.jpg


貰ったパンフレットで講演会が有る事を知り参加を申し込みました。
DSCN3050.jpg
スポンサーサイト

木の実


秋になると、さまざまな木に色々な実が付きます。 
私は食べるのもそうなんですが、飾りにしたり工作に使ったりするため拾ってきては、保存するのに水に2~3日浸けて虫や虫の卵を処理してから乾燥保存します。

拾って来た木の実たち
DSCN2982.jpg


此れはクヌギの実です。  普通はドングリと云いますが、ナラやクヌギそれにシイ・カシなどで形が変わります。
DSCN2984.jpg


此れはツバキの実
DSCN2986.jpg


クルミです・・・ゴツゴツしてるのは鬼グルミ・つるっとしてハート形のがヒメグルミ・・・ヒメグルミは果肉がきれいに取れます。
炒って少し口を開けてから割って中をほじります。・・・殻は工作にも使いますよ!
DSCN2987.jpg


此れはトチの実・・・トチ餅  私は大好きなのですが、お土産屋に売っているものはトチ独特な風味があまり感じられず、作って食べる講習が有ったので参加して食べたのですが、それはそれは美味しかったです。 トチ餅を好きになったのは山奥の祭りに、もっと山奥のお婆さんが、自分たちで作ったトチ餅を売りに来ていて、それを食べた時から・・・。
講習で作り方は理解できたのですが、とても手間がかかり、昔の道具が要り、アクを抜く技術が要り・・・断念・・・また作りに行こうかな!!っと
本題に戻って・・・これらの良い作品が出来たら又アップしますね!  (*゚ー゚)
DSCN2983.jpg

クルミでこんなカメも作って見ました。
DSCN0576.jpg
DSCN0577.jpg

我が町の朝日と夕日

今日になったら画面が変??・・・プロフィール・最新記事・最新記事・カテゴリが無くなっている!?・・・左上の検索をクリックするとプラグインは良くなるのですがホームが飛んでしまいます (@_@) ・・・新しく投稿してみても同じ・・・調べたらこのページの一番最後に行ってました。・・・今の所直せません。分かる人教えて下さい m(_ _)m 15日追加・大変失礼しました。朝になったら元通り直っていました。??

健康と体力維持のために、朝5時から散歩しています。
朝の清らかな空気と自然の景色を見ながら、約45分程歩くのですが、5時40分位に裏の山から朝日が射し始めます。
そんな事も有り、夕日もと高い所に登って眺めて見ました。

山の際を歩いてから田圃の農道を歩きますが、自宅に帰る途中で山からの日の出を見る事が出来ます。・・・刻々と空と雲間が明るくなって・・・!
DSCN2812.jpg


一筋の光が目に入った瞬間!!
DSCN2826.jpg


ドンドン明るくなって田んぼや周りを照らして行きます。
DSCN2836.jpg


此処からは高い丘に登っての夕日です・・・夕日の反対側の杉の木のテッペンに赤トンボ
DSCN2933.jpg


夕日に向かっての赤トンボです。
DSCN2948.jpg


町民体育館の田んぼの向こうに、弥彦山が見えます。 (左から国上山・弥彦山・多宝山・角田山) 角田山の右に遠く佐渡ヶ島も見えます。・・・もう直ぐ太陽が雲の向こうに沈むのか・・・
DSCN2951.jpg


雲がなければ、弥彦山のロープウエーの駅辺りに、太陽が沈むのでしょうか?
DSCN2955.jpg

ヘギイタダニの駆除剤投入

西洋ミツバチの雄蜂蜂児にヘギイタダニが見つかったので、ダニ駆除剤アピバールを投入しました。
蜂群購入直後アピスタンを処方して置いたのですが、ミツバチには多少なりともダニが発生するとの事、完全になくする事は不可能で色々な方法でコントロールするしかない現状の様です。
ニホンミツバチにはメントールクリスタル処方してますし、西洋ミツバチ・・・お前もか!!といった感じです。
折角今まで育てたので過保護かもしれませんが・・・

雄蜂の有蓋蜂児を取り出して調べたら・・・いましたヘギイタダニ!!
DSCN2897.jpg


アップにすると足まで見えます。!!!
DSCN2898.jpg


巣枠の間に吊るしました。・・・真中の白いのがアピバールシート
DSCN2917.jpg


アップにすると、ハチ達がやはり敬遠しているように見えます。
DSCN2918.jpg


別の蜂群にも吊るしました。
DSCN2919.jpg


ハチが接触して薬効が広まるのだそうですが・・・早速!!・・ 広げてくれよ!
DSCN2920.jpg


オオスズメバチに襲われスズメバチ捕獲器を設置して一段落したら今度はヘギイタダニか~・・・・スズメバチ捕獲器にカマキリが入っていました。
DSCN2926.jpg


スズメバチ・オオスズメガ そしてカマキリまでも!・・・招かざるお客でイッパイです (^_^;
DSCN2927.jpg

夏を越したニホンミツバチたち

毎日35℃を超えるような真夏日が続いていましたが、この頃どうにか夏を越えたかと思えるホッとする日が2~3日続きました。
暑すぎてチクチクする藪へ入りたくなく、ほっといたニホンミツバチを見に行って来ました。 暑さの為か蜜不足か他の要因かは知りませんが、3割ほどの群れが消滅していました。 此れから咲く秋の花の蜜をたっぷり吸って、元気に成って欲しいと思います。

此れは今年入居したニホンミツバチ・・・元気にして居て呉れました。
P1050575.jpg


此れは昨年多くのハチ蜜を貯めてくれた群れです。
P1050579.jpg


春の点検で一番下の枠が穴が開いて居たのを修理し、1段足してやったのですが、今年もたくさん蜜を貯めて呉れるといいな!
期待しています。
P1050580.jpg


此処は早春元気なかった群れですが、梅雨前の点検で継箱・・・ドンドン元気になった群れです。
P1050581.jpg



此れは今年入居した箱・・・先日支えの紐が切れ転倒、底板が取れて巣板があらわになっていたのですが、1段継いで底板をがっちりしたら元通り元気になった居ました。・・・それにしてもスズメバチやテン等にやられなくて良かった~!

今年は西洋にばかり目が行き、ニホンミツバチあまりかまってやれなかった点・反省 (´・ω・`)・・・色々なのに手を出し多忙!
年も年だし此れも反省!! (^_^;
P1050583.jpg

その後のスズメバチ捕獲器

4群の西洋ミツバチに取り付けた、スズメバチ捕獲器を見て来ました。
2個の捕獲器にスズメバチが入っており、すでに餓死していましたが他に大きな蛾が入っており、此れも餓死していました。
設置後は巣箱の入り口付近にミツバチの死骸は無く、どの蜂群も被害を受けて居ない様でした。

スズメバチと蛾が入っていました。
P1050569.jpg


この蛾は先ほどの蛾の2倍も有りそうな大きさ・・・アブラゼミより大きいくらい? ハチミツ泥棒のメンガタスズメガの様です。
P1050571.jpg


暫らく見て居ると、まだスズメバチが来ていました。・・・そこでハエ叩きで半殺しにしペッタンコに付けて近くに置いて居たら、西洋ミツバチがスズメバチを攻撃し、ペッタンコにくっついてしまいました。
P1050572.jpg


更にもう1匹・・・!    西洋ミツバチもスズメバチを攻撃するんだ??
P1050573.jpg


先日巣箱の近くに置いといたペッタンコ・・・10匹オオスズメバチが引っ付いて居たのですが、今度は19匹になっておりペッタンコとの併用が効果的でした。
それにしてもギンバエがびっしりと張り付いて、ギンバエ取の様・・・ハエを呼ぶ匂いも出しているのかな~??!
P1050574.jpg