2016年04月の記事 (1/2)

今年は蜂も花も早いです!!

今年はミツバチの分蜂も花の咲くのも早いです!!
例年ではゴールデンウイークの始まる月末頃から入居が始まり、連休中が最盛期となるのですが、今年は今までに結構多くの入居が確認され見に行くのが楽しみと云ったところです。
花も沢山のミツバチが行くウワミズザクラやフジの花が咲き始めました。 これらは何時も、連休が終わる頃に見て居たのではないかと思います?。・・・すると1週間ほど早いのでしょうか?
山の蜂場に入居確認していたら、遠くから羽音が聞こえるほど沢山の探索蜂が出入りして居た待箱が有ったので、入居を見届けようと1時間ほど観察していたのですが、本隊飛んでこず諦めました。
入居したら洋箱の7枚用が3箱有るので、それにニホンミツバチを入れようと思います。

この箱にたくさんの探索蜂が・・・(^_^)
DSCN2078.jpg


オートでは止まっているハチしか写らないものですね!!?
DSCN2079.jpg


シャッタースピード優先で速くすれば写るんでしょうが、面倒なもので・・・(^_^;
明日は入ったら、自宅群が居なくなったので自宅に来てもらうかな?・・・
DSCN2080.jpg


此れがウワミズザクラ・・・ハチが多く来ます
DSCN2083.jpg


此方ではアンニンゴと呼び、私は蕾をお浸しにして食べます。 又果実はアンニンゴ酒として身体に良いそうです。
DSCN2084.jpg


こんな花です・・・サクラの仲間の様ですが、ミツバチは特に小さな花を好むようです。
DSCN2085.jpg


野フジも咲き始めました。
DSCN2087.jpg


山の放棄された植林地や自然林には多くあります。・・・これらも美味しい蜜が採れるとの事です  (*´▽`*)
DSCN2088.jpg
スポンサーサイト

新潟どんどん分蜂!!

今日新潟は非常に暖かかった・・・分蜂日和と思い4つの蜂場の1つを回って見ました。
また2個の待ち箱に入居してました~。そして各巣箱をチェックしていると、何やら聞き覚えのある音が…分蜂です!!
空一面にハチが舞っていましたが、カメラは車の中・・・しばらく眺めていて松の木に止まりそうになったのでカメラを取に・・・帰るとだいぶ蜂球になってました。 私は山では蜂球捕獲せず、待ち箱自然入居を原則としています。 どこかに飛んで行きたい者は飛んで行け・・・入りたい者は入って下さいと・・・ハチに任せています。・・・そうすると、とにかく簡単!! ニホンミツバチは自然に任せるのが一番と思っています。 (^_^;
他の待ち箱にも沢山探索蜂が来ていました・・・チョット早い春本番と言った所です!!

松の木に集まり始めてました。
DSCN2064.jpg


殆どの場合枝の分かれ目に蜂球を作ります。
DSCN2065.jpg


アップです。
DSCN2066.jpg


沢山の探索蜂が来てました。
DSCN2057.jpg


次々と飛んできます。
DSCN2061.jpg


待ち箱入居して新蜂が羽化する頃に点検して、最上段にメントールスペースを上げメントールを入れ、一番下に1段足そうと思います。・・・そうすると逃去の心配は有りません。(^_-)-☆
DSCN2063.jpg

新潟も初分蜂です!!

ニホンミツバチ新潟も分蜂で~す!!
例年私の所では月末からゴールデンウイークにかけて分蜂するのですが、今年は暖かかったのでそろそろかと思い蜂場に行って見ました。
そしたら雄蜂の蓋が巣箱の前に皆落ちているし、探索蜂の来ている箱も多く有り更に入居している箱も有りました。
初入居確認です。 (^○^)

重箱の下に沢山のオス蜂の蓋が落ちて居ました。
DCF00441_201604211513044c4.jpg


オス蜂の出蜂蓋です。
DCF00440.jpg


待ち箱確認すると、ン!!?・・・探索蜂の様です。
DCF00434.jpg


更に見て居ると、探索蜂が出たり入ったりです。
DCF00439.jpg


此方はと云うと、イッパイ出入りして居ます??・・・
DCF00426.jpg


良く見て居ると、飛んで行く時も帰って来る時も真っ直ぐ、更に花粉も付けて来るハチも居ますし扇風しているハチも居ました。
初分蜂確認です!!・・・結構前に入居していたのかも知れません。
キンリョウヘンはまだまだ咲かず、私は待ち箱専門ですので他の蜂場も行って見ようと思います。 (*゚ー゚)
DCF00427.jpg

マムシ草? ウラシマ草?

先日つばきさんから籠の横にとがったものが見えるのですが、あれは何でしょう? との事で見に行って来ました。天南星とは被子植物単子葉類サトイモ科に属する植物なんですね。
此方ではマムシ草やウラシマ草が良く見られるのですがそれも天南星の一種の様です。

しかしまだ花が出てなくて解かりませんでした。
DSCN2048.jpg


アップです!!   葉が出て花が咲けば分かるのでしょうが・・・? ウラシマ草は浦島太郎さんが釣り糸を垂らして居る様に糸の様なものが下がっています。  どちらも山野草として鉢植えにしている人も居ます。 (^○^)
DSCN2049.jpg


畑ワサビも葉も結構大きくなり花も咲きそうになっていました。 昨年は葉を虫に食べられてしまったので竹酢液をかけ我が家のポットで作った堆肥を蒔いて来ました。  (^-^)
DSCN2050.jpg


行者ニンニクも芽も出てだいぶ葉も大きくなってました。 此れも竹酢液と堆肥をやって来ました。 
DSCN2051.jpg


此方側
DSCN2052.jpg


向う側・・・一番向う側の大きくなった物は今年購入して植えたものです。
早く大きくなってどれも花が咲いてタネが採れると良いのですが・・・    中々上手く行きません (^_^;
DSCN2053.jpg

西洋6枚から8枚まで増勢

西洋ミツバチ4月7日に巣枠6枚で到着したのですが、今日17日8枚まで増えました。
最初到着してすぐに寒くなり、雪が積もったりし育たなかった蜂児が幾らか外に捨てられたりして、非常に心配したのですがその後、気温も安定し順調に増勢しているようです。(^_^)

一昨日給餌したのですが又自作給餌器にこの様にムダ巣を造られてしまいました。
カタログに出ている給餌器と比べて見ると,自分のは巣を作る場所を与えているようなものと理解できました。
ミツバチの習性を知らぬ愚かさ…作り直しましょう。(^_^;
DSCN2039.jpg


此方で2枚追加した巣脾の様子です。
DSCN2042.jpg


追加した2枚の巣脾に幼虫が大きくなり蓋もされています。
DSCN2040.jpg


アップです。
DSCN2041.jpg


7枚の蜂児と1枚の蜜がイッパイになったので、又今日巣脾1枚を一番手前に追加しました。
白い枠が3枚見えるのが此方で入れた巣脾で一番向うが貯蜜枠です。
ダニ防除のアピバールですが、分割する時に入れようと考えて居たのですが、やはり心配なので15日に入れました。
DSCN2046.jpg


次は三角コマを全部取って、10枚枠が入る様にして10枚満群になったら継枠を上げ、蜂児枠12枚蜜枠3枚位取れるようになったら3群に分割増群しようと思います。
その用意として、組み立て式の標準箱3組の物と継枠5組の物を購入し、取りあえず上下1組組み立てて見ました。
DSCN2047.jpg

ユリワサビ? オオユリワサビ?・・・!

このワサビは、私どもの地域では至る所にたくさん自生しています。
処で 今回オオユリワサビなるものが有る事を知りました。 今までユリワサビだとばかり思っていたのですが何となく判別が付きません。 何方様か判別できる方ございましたら教えて頂けたら助かります。  地域は新潟県です。

こんな風に生えております。
DSCN2026.jpg


つぼみと葉の部分です。
DSCN2028.jpg


葉の部分アップ
DSCN2029.jpg


採って洗った所です。
DSCN2030.jpg


根の部分です。・・・・大きな物は去年の根と今年の根が付いておりもう少し大きくなります。
初冬から春にかけてワサビと同じようにしてワサビ漬けにして食べています。・・・根は摺って食べた事はありませんが・・・。
DSCN2032.jpg

山菜作りPart2

山で山菜らしきものを作っている?のですが、この前投稿した時はまだ雪が残っており芽も出ていなかったのですが、今日は畑ワサビと行者ニンニクを植えた所を見て来ました。

5~6年前に植え付けた畑ワサビと行者ニンニクです。・・・大きな丸が行者ニンニクが芽を出した所・他は畑ワサビです。
DSCN2016.jpg


畑ワサビとユリワサビの違い
ワサビの葉が多くありますが、丸印が畑ワサビで葉の光沢が少し違います。・・・6月頃になると畑ワサビの葉はフキの葉程に成り、ユリワサビはあまり大きくなりません。 そして夏になるとユリワサビの葉は無くなりますが畑ワサビの葉はそのままです。
DSCN2017.jpg


此れは行者ニンニク・・・芽を出したばかりですがもう少しするとニラの様な白い花が咲きます。
DSCN2018.jpg


此処は一昨年黒い収穫かごに、行者ニンニクの種を蒔いた物で今年も芽が出てきました。
その向こうに畑ワサビも芽を出してきました。
DSCN2019.jpg


2年目の行者ニンニク・・・無事に芽を出しましたが来年は2葉になるのかな~?
DSCN2020.jpg


此れは1昨年の秋に植えた畑ワサビ・・・分けて植え替えた方が良いのかな~?
DSCN2021.jpg


ようやく雪が消えて行者ニンニクが芽を出してきました。・・・太くならないが肥料が必要なのかな~?
DSCN2022.jpg


アップです。
DSCN2023.jpg


私の実家の周りでは、このようにユリワサビ(オオユリワサビ?)は自然にイッパイ生えています。
ワサビ漬けにすると結構おいしいです。
DSCN2024.jpg

オオヤマザクラ満開

10年か15年前に偶然此処を通りかかり、何と奇麗な桜なんだろうと思った事でした。
それ以来気にはしていたのですが、中々来れず2日前に丁度満開を見る事が出来ました。
そう云えば山に雑木に混じって特に赤が綺麗な桜が有るのを見たのですが、此れだったのかな~・・・!!?

入り口の看板
DSCN1961.jpg


頂上まで登って降りて来ました。・・・知名度がないのか2組しか会いませんでした。
DSCN1983.jpg


全部この色です。
DSCN1994.jpg


耳を澄ますと聞き覚えのある音・・・ミツバチの協奏曲でした~・・・凄い数です!
DSCN1968.jpg


全てニホンミツバチ、皆夢中で蜜を吸ってました。・・・上に居るので逆光
DSCN2003.jpg


ギフチョウも桜の蜜を吸うんですね
DSCN1988.jpg


此処は何処もカタクリの群生地が有りました。
DSCN1977.jpg


しかしこんなに晴れて暖かかったのに、次の日は雪が降り3センチ程積もったんです。
わが家の八重桜・・・雪が降り枝や花びらに積もっています。・・・ハチが心配です。 (´;ω;`)
FullSizeRender.jpg

洋蜂産卵確認

昨日確認出来なかった西洋ミツバチの産卵が確認出来ました。
中央に入れた新しい巣脾に、少ししか見えませんが1個づつ産卵されているのが見えました。

ハチを吹いて退かしてから写真撮ったのですが あまりよく撮れません。
DSCN2012.jpg


拡大して見ました。・・・どうにか女王蜂 正常に産卵されて居る事が分かりました。
DSCN2012 (2)


洋箱外回りもクレオソート塗りました。・・・此れは7枚箱が3箱と継箱が1箱でした。
DSCN2008.jpg


そしてベニヤの自作標準箱2箱と継枠1箱でした。・・・結構作ったものだ!!
けど重いのが難点、やはり出来合いが軽くて良いです。 よって標準箱と継箱をまた購入しましょう・・・増群のために!  (*゚ー゚) 
DSCN2009.jpg

女王蜂確認出来ました。

西洋ミツバチ到着後、女王蜂確認出来て無かったのですが今日確認出来ました~。
結構尻がでかくグラマーで多産系の様です。 昨日中央付近に入れた空巣脾に産卵を期待し確認したのですが、夕方で時間がなく写真撮るのがやっとで産卵確認出来ませんでした。 しかし中央に入れた空巣脾に居たので多分産卵してたのでしょう。 明日にでも落ち着いて確認しようと思います。
そして確実に失敗なく増群出来る様にしようと、私らの支部長に厚かましいお願いをして見ました。・・・雄蜂の多くいる1群を譲ってほしい、もしくは支部長の蜂場に分割群を王台から出蜂し、産卵確認するまで置いて欲しいと頼んで見ました。 しかし残念ながら大規模にやっておられる方で、今全群関東に居り不可能でした。・・・だが一発解決・・・目からウロコ!!  教えて頂きました。
今いる群れを2段満群にして、元群共々2km以上離れた所に持って行けば4群程にも増やせますよとの事でした。
これで群れのアンバランスも、オス蜂の心配もなく分割できそうです。  (∈^▽゚)キラッ☆

女王蜂です。
DSCN1957.jpg


接写にする時間なくボケましたが・・・女王蜂
DSCN1959.jpg


先回 何故か西洋が重箱に入居した時買ったり自作したりした時の洋箱が結構あったので掃除とバーナー消毒・そしてクレオソート の弱いのを買ってきて内側を塗りました。・・・明日は外側を塗ろうと思います。
大分傷んで居たのでネットで調べたらクレオソートでも大丈夫の様です。  (*゚ー゚)
DSCN1955.jpg