2016年02月の記事 (1/1)

春は近いのか?

2月の下旬に差し掛かりましたが、異常に暖かかったり寒かったり 予報では此れからまた雪が降るそうです。
子供の頃はもっと雪が多く2月頃が一番寒く、固まった雪の上を凍み渡りと言って遊びながら何処までも歩いて行った記憶があります。 (*゚ー゚)

わが家のクリスマスローズ・・・雪が消えて花が開いてました。
DSCN1738.jpg


此れから3寒4温を経て他のも次々と開いてくるのでしょう。  (*´▽`*)
DSCN1737.jpg


花を見に梅公園と梅団地に行きましたが、公園には除雪してなくいけませんでした。
梅団地の様子・・・木々は水を吸い上げ活動しているのでしょう・・・根の周りだけ雪が消えています。
DSCN1741.jpg


近づいて見ると咲き始めていました。
DSCN1742.jpg


こんな感じ・・・(^_^)
DSCN1743.jpg


開花です・・・春には美味しそうな梅になります。 (^○^)
DSCN1746.jpg
スポンサーサイト

探鳥会

町の探鳥会に行ってきました。
探鳥会と言っても山の上の茶屋で、おじさんが餌付けしている野鳥と遊んで、甘酒とお新香を頂いて帰って来ました。
冬は山に小鳥の声も姿も少なくなります・・・みんな温かい国や雪のない所に行っているのでしょう?

みんな餌を持って、手のひらに載るのを待っています。
DSCN1688.jpg


ヤマガラです・・・手のひらに載ってくれました。・・・ヤマガラやシジュウカラが載ってくれます。
DSCN1713.jpg


子供の所には警戒心無くたくさん来ていました。
DSCN1696.jpg


餌をもらっては近くの枝に止まって食べ終わると直ぐにまた飛んできます。
DSCN1706.jpg


こぼれたエサを盛んにつついているものが居ました。・・・アトリです。
今日は私も見たのが少なかったです。ヤマガラ・シジュウカラ・エナガ・ヒガラ・コガラ・アカゲラ・マヒワ・ヒヨドリ・アトリ位か?
DSCN1725.jpg

晴れたので・・・

雪が降っていたのが晴れたのでカメラを持って土手まで行ってきました。

西側に弥彦山です。
DSCN1647.jpg


東側遠くに五頭山・二王子岳・飯豊山
DSCN1662.jpg


飯豊山アップ・・・奥深く登った事が有りません。
DSCN1660_20160216200838911.jpg


南に護摩堂山をバックに粟ヶ岳・・・粟ヶ岳は何回か登りました・・・前の愛犬、柴犬のチビとも登りました。
今年は近くの山々が雪化粧して居ません・・・小雪なんですね~
DSCN1667.jpg


車で走っていたら電柱の上にハヤブサが!・・・カメラを出したら飛んで田圃に下りたのでパチリ・・・
DSCN1654.jpg


帰りに探したら・・・いました!!。   携帯電話の電波塔に止まっていました。  山裾の我が家の近くではオオタカは良く見るのですが、ハヤブサは珍しいです。
DSCN1677.jpg


冬期間は至る所にノスリが冬を越しています。
DSCN1675.jpg

クルミ樹皮の手提げ籠出来ました~ (^○^)

昨年材料を採取して置いたもので作りたかった、手提げ籠がようやく出来上がりました。
2年程前何処かで見たものが非常に良く出来て居て興味を引いたので、採取から作り方まで調べて居たのですが、この際と思い教室に通い教わっています。
編み方だけですが教わっている内に、材料を品質良く仕上げるにはどの様にすべきか推測できるようになりました。
よって来年はもっと品質が良いものが出来るのではないかと期待しています。

右側の白っぽい樹皮の表を多く出した物は、先生指導の下で教室で作りました。 左側の黑っぽい樹皮の裏を多く出した物は、材料が厚くてゴツゴツして見た目悪い物でしたが、余っていたので自宅で作って見ました。
DSCN1641.jpg


斜め上から・・・樹皮が乾燥すると縮んで隙間が出来るので、今度良く出来た物は中袋を付けようと思います。
DSCN1640.jpg


最初に作った物のアップです。
DSCN1643.jpg


此の前出来上がった物のアップ・・・何回も作って行く内に、人にやれる位に奇麗に恰好よく出来るのではと思っています。
DSCN1644.jpg

蜜蝋クリーム作りました。

冬になると手が荒れるので、秋にミツロウクリームを作って友人や親せきに配るのですが、無くなったのでまた分けてくれとの事で作りました。

材料と道具
DSCN1617.jpg


材料はホホバオイルとニホンミツバチの蜜蝋とラベンダーエッセンス1~2滴だけです。
DSCN1619.jpg


蜜蝋・・・私のニホンミツバチが作ったものです。
DSCN1622.jpg


ホホバオイル・・・肌に優しい天然成分だそうです。
DSCN1621.jpg


そしてラベンダーのエッセンス・・・娘のを少々頂きました。  どれも天然成分で化学製品は使っていません。 (^_^)
低温でゆっくり溶かして容器に流し込んで冷ませば完成です。・・・凄くシンプルです!!  (*´▽`*)
DSCN1620.jpg


早く届けてやろうと思います。
何時も取説で此れをコピーして渡してます。 
DSCN1623.jpg

宿泊半額キャンペーンに行ってきました。

うまさギッシリ新潟の旅  宿泊半額キャンペーンが有ったので行ってきました~  (*´▽`*)
第一弾も有ったのですがあっと言う間に売り切れ! 残念と思っていたら好評だったので第二段が募集されたのでしょう、売り出し時間を見て早く申し込んだら取れました。・・・近いんですが行きたかった旅館!! 半額は魅力でした。
村杉の旅館・・・ぐるっと広い庭・温泉は日本三大ラジウム泉のひとつとの事・料理も・おもてなしも良かったです。

夜の庭はライトアップされて幻想的でした。
DSCN1604.jpg


料理のお品書き・・・鯉料理も有ったのですが刺身が2切れと甘煮だけ。 鯉は好き嫌いがあるので無理もないのですが、食べ比べて見たかったのも事実!・・・しかし他の料理は美味しかったです。
DCF00363.jpg


帰りに瓢湖で鳥の観察・・・今年は暖冬で白鳥が南下しないで済むので何時もの2倍で6000羽だそうです。
カモもイッパイ居ました! オナガガモ・キンクロハジロ・ヒドリガモ・マガモ・コガモ・バン等も居ました。
DSCN1612.jpg


ハクチョウが首を長くのばして飛んで居ました。・・・飛んで居る鳥を写すのは大変なんですね!!  他の人は良く撮れるもんだと感心します。
DSCN1609.jpg


湖の向こうの木に何か止まっているので望遠で写してみるとオジロワシでした。 肉眼では確認出来なかったのですがカメラの方が私の視力より良いようです。
DSCN1611.jpg

山の蜂場を見て来ました。

山の雪も落ち着き、締まって来たのでハチの様子を見て来ました。
今年は、暖冬?でカンジキも履かずに行けそうなので、長靴の上を縛って行ったんです。

雪はこの位・・・膝上までありましたが・・・!
DSCN1603.jpg


こんな感じでありました。
DSCN1596.jpg


入口をアップ・・・齧り落とした巣屑が外に出されていました。
私は、この巣屑が外に運び出されているのは、元気な証拠と考えております。
DSCN1595.jpg


此れは次の所・・・手前は巣屑が出てないのかな~  此処は高い所なので風に飛ばされたのかも・・・?
DSCN1597.jpg


此れは奥の方のアップ・・・元気そうです
DSCN1598.jpg


此処も高い所に設置・・・風通しが良く飛び出しやすく、広い範囲の採蜜が出来るのではないかと考えてます。
DSCN1600.jpg


次の所・・・巣箱の近くは,矢張り暖かいのか、周りは全部雪が溶けてましたね。
私は、全部木の下に設置し、箱を幹に固定しています。
DSCN1601.jpg


上の巣箱をアップ・・・何と! 出入り口から蜂が出て、お仕事をして居ました。
巣屑を出しているのか?  入口を齧って広げているのか?  我が愛蜂は元気そうでした~ (^_^)
DSCN1602.jpg


更にアップ(トリミング)
DSCN1602 (2)