2015年02月の記事 (1/1)

赤カナリア産卵

赤カナリアを囀りを楽しむためと、繁殖を楽しむために飼育して居るのですが何時も3~4羽と成績が良くありません。 昨年心ある方から3羽譲って頂きましたので、今年は系統の違う組み合わせで2組繁殖に挑戦しています。
その一組が此の前から産卵を始めました。 そしてもう一組も巣作りに励んでいます。 今年は元気なヒナが沢山生まれるのではないかと期待していますが、しかしあまり多く孵り過ぎても貰い手に苦労する事もあるので考えものですが、貰ってくれる人が有れば差し上げる予定です。・・・けど・・生まれて来てからの話ですね。・・・(^_^;

此れが卵を産んだつがいです。・・・雌は巣に入っています・・・ちょっと見えないですね?
P1040564.jpg


やはり暗くて見えません (´;ω;`)
P1040563.jpg


3個産みましたがまだ充実してなく軟卵も有りなした。・・・抱卵は次回からとも考え中です。?
P1040573.jpg



此れは、もう片方のつがいで只今巣作りの真っ最中!! 
P1040574.jpg


巣作りをしながら、オスがメスに餌を口移しでプレゼントしたりで仲睦まじい所も時々見られます。
P1040567.jpg


愛の巣も結構出来上がって来ています・・・もう何日かで産卵するかと思いますが、まだ気温が低く心配です・・・。
P1040568.jpg
スポンサーサイト

久しぶりの再会・クマタカ

今日は天気が良く気温も上がったので、いても経っても居られず冬見れなかったクマタカを見に行って来ました。
観察に行っても見れない事もあるのですが、この時期は恋のシーズン、冬晴れの時は高く飛んで縄張りを主張します。 そして運が良ければデスプレー飛翔を見る事が出来ます。 今回は波状飛行と船底型飛行を見せて呉れました。
前から観察している所ですが、無事に居てくれた事と又会えたことにホッとしています。 (*´▽`*)

遠くの高い空で円を描いて飛んでいました。・・・右下・・小さいです。よ~く見ないと見えません! (>_<)・・・レンズの汚れが目立ちますね (´;ω;`)
P1040496.jpg


徐々に近付いて突然・波状飛行・・・何回も何回も繰り返します。・・・左上
P1040498.jpg


ドンドン高く上がり近付いて来ます。・・・中央上
P1040499.jpg


しかし別な方向へ離れて行きます。・・・左下
P1040500_20150222174228501.jpg


・・・と!!?・・又方向を変えて戻って来ました。・・・中央右下・電線脇
P1040508_20150222174228ac4.jpg


頭の上まで飛んできて真上で円を描いてくれてます。
P1040512_201502221742277a3.jpg


太陽の光を浴びてサービス・・・
P1040513.jpg


何時までも何時までも円を描いて回ってくれます。
P1040514.jpg


私のコンパクトカメラでは上手く撮れませんが大きく気持ちよく飛んでくれました。
P1040515.jpg


時々舟底型飛行を見せて呉れながら視界から消えて行きました。・・・空をとるとレンズが汚れてますね (^_^;
秋以来の再会・・・今度は幼鳥と飛んでいる所も見せて欲しいと願っています。
P1040516.jpg


帰りにシラサギも・・・コサギではないようです・・・
P1040519.jpg


何をしているのかな~
P1040520.jpg


魚か何かを獲っているようです。
P1040521.jpg

素敵な物頂きました~

先日、私達の会の蝶の先生からこんな素敵な物を頂きました。
夏の観察会ではミドリシジミを入れたペンダントを見せて頂きその綺麗さに感動し、私も作って見ようとその後蝶を見る機会が多くなりました。 しかし数ある中でもそんな奇麗なチョウを見つける事も捕まえる事も出来ず・・・来年はと思っています。 (^_^;

P1040378.jpg


これはギフチョウ・アジサイの花に止まる所・・・春一番に羽化し飛んでいます。
RIMG0026_20150217211732123.jpg


此れはアジサイの花・・・アジサイは七色に変わると言いますが此れは玉虫の羽を貼り付けアジサイにしたそうです。
RIMG0028.jpg


此れはミドリシジミ・・・照明や景色が映らない様にしたら蝶の色が出ない角度でした。(;_;)
この蝶は見る角度によりブルーやグリーンに輝きます。 (∈^▽゚)キラッ☆
RIMG0027.jpg

ニホンミツバチ巣箱作り始動

春の分蜂時期に向けニホンミツバチの待ち箱製作を始めました。・・・新潟では後2か月少々先となるとおもいますが??・・

先ず1800×150×12 の下見板を治具と電動鋸。で切り分けて行きます。
P1040388_20150217211638f81.jpg


治具は6年程前に作りまして簡単で優れものです・・・(^○^)
2枚重ねて切っています。
P1040389_2015021721163713c.jpg


切り分けた板を隣同士になる様取り分けました。
P1040390_20150217211636ee1.jpg


それを電ドルとスリムビスで止め重箱の枠を作ります。・・・枠は 240×240×150×12(外×外)です。
P1040392_2015021721163632e.jpg


そして私は巣落ち防止を4mmΦ弱の竹ひごを井桁に入れる為4mmΦの穴をドリルで開けて行きます。
P1040393_20150217211635ae7.jpg


各面がこの様になります。・・・私は巣落ち防止を入れて待ち箱としていますが問題なく入居してくれます。
此れに底板と天板を取り付けて重箱3段で待ち箱です。・・・今この様にして作って置き分蜂時期前まで乾燥・・・その後焼き入れ・巣落ち防止入れ・組立としていきます。・・・待ち遠しいですね~ (*´▽`*)
P1040394_20150217211634366.jpg

探鳥会

私達の会による町の探鳥会
挨拶・注意事項の後、会で整備・管理しているエリアを状況調査し、頂上の店でバードウオッチングをしながら小鳥とふれあい甘酒を頂いて来ました。・・・帰り道、管理エリアに巣箱を取り付けて来たのですが取り付けるのに精一杯で写真撮るの忘れました・・・今度載せます (^_^;

雪が降ったり止んだりでしたが元気で出~発・・・(^○^)
P1040353.jpg


管理地で小休止・・・植樹・植栽・除草・遊歩道の整備・昆虫等 生物多様性の取り組みなどのお話を聴きました。
途中ウスタビガのマユ有り・・・ヤママユも有ったのですが高くて焦点が合いませんでした。 ヤママユは数が少なくなり、この頃幼虫を見る事が出来ません。
探鳥会なのですが寒く小鳥も出て来ず!・・・・・私もシジュウカラとコゲラ・エナガの声を聴いただけでした。 (>_<)
P1040355.jpg


頂上のお店で・・・おじさんが餌付けしている所で、例年どうり甘酒を頂きながらの探鳥会兼小鳥とのふれあいでした。
個人的には冬だけの給餌は良いにしても人に馴れさせるのは良くないのでは?・・・と
P1040361.jpg


子供たちや皆さん大いに喜んでくれてました。
P1040360.jpg


矢張り可愛いですね・・・ここで見れたのはヤマガラとシジュウカラでした。
P1040367.jpg


今日は弥彦・角田山の後ろに薄っすらと佐渡ヶ島が見えました・・・(写真では一寸確認出来ません?!)
P1040371.jpg


どうにか大降りも無しで下山・・・雪で凍っているので注意して降りました。
P1040373.jpg

小鳥の巣箱作り

2月14日(土)私達の会の探鳥会・・・里山整備の一環で森を間伐し太陽の光が地上に届くようにして、散策道を作り植物を移植したエリアに、小鳥の巣箱を取り付けたらと巣箱を作って見ました。
登山道の脇に位置しているため、一般の人たちにも近くの自然に目を向けて貰えるのではないかと思います。(^_^)

先ずは材料を切り分けました・・・毎度のことで作業中は一人作業の為写真は撮れません (>_<)
P1040303.jpg


一応寸法とバランスをチェックするため図面も書いて見ました。・・・後はビスと電ドルで組み立てます。・・・
P1040304.jpg


横からの吹き抜け車庫では凍えそうなので物置で作りました。
P1040306.jpg


ホールソーで出入り口の穴を開けます・・・ネットで調べたら40mmΦとの事、しかし今までの経験で大きすぎた感じです??
P1040307.jpg


3個出来上がりました・・・雨が入らないよう木に取り付けた時、多少斜めになる様に後ろに添え木を取り付けました。又底にもキリで水抜きも・・・私はニホンミツバチの巣箱も、斜めになる様に設置しています。
P1040308.jpg


アップです・・・脇に取り付ける被服針金を止めるビスも…
P1040309.jpg


バーナーで焼いて針金を付けて完成です。・・・住宅不足な小鳥達に気に入って貰えるかな~ (^_-)-☆
P1040310.jpg

冬の使者

寒くなるとシベリアやソビエトなど遠い国から、冬の使者白鳥やガンなどが渡って来ます。
この近くでは福島潟・鳥屋野潟・佐潟にはたくさん見る事が出来ますが、私の近くでもこの頃良く目にすることが出来る様になりました。・・・きっと日本はもちろん海の向こうの繁殖地でも手厚く保護されて数が多くなっているのだと思います。
しかしこのように目立つ者は皆さんから可愛がられ手厚く保護されていますが、目立たなかったり小さかったり数が少なかったりする者で数が激減して居たり、又は風前のともしびの者も多くいます。 これは全て環境の変化からの結果と私は考えて居ます。・・・その環境の変化は全て人間に由来するものだと・・・?

近くの田んぼで白鳥が集団で降り立ち、夢中で餌をついばんでいました・・・車を止めると少しずつ首をもたげて・・・何だろう~・・・? てな顔・・・
P1040292.jpg


車のドア越しにそっと写真を撮って居たら、安心したのか又皆で餌をついばんでいました。
P1040295.jpg


田んぼの中、何をついばんでいるのか解かりませんが皆夢中でした。
新潟ではオオハクチョウとコハクチョウが多く、オオハクチョウは嘴の黄色部分が大きくコハクチョウは小さい様ですが、私にはどちらか良く分かりませんでした。
P1040296.jpg


その近くでガンもお食事中 ・・・此れもマガンとオオヒシクイが居るようですが、マガンは嘴の根元の毛が白くオオヒシクイは白くない様なので、此れはマガンではないか??・・・な~
P1040288.jpg


何せ遠いのとコンパクトデジカメでズームアップ、これが精一杯でした~・・・!
もう2月、3月になると冬鳥たちは又繁殖地の北の国へ飛び立ちます・・・いっぱい食べて体力をつけ、来年また若鳥を連れて帰って来て欲しいと思います・・・ (∈^▽゚)キラッ☆
P1040289.jpg

雪のダイヤ〈反射)

1月が早くも終わり2月に突入~!!  私の住んでいる所では例年より暖かく雪も少なかった様です。
温度が下がり、陽が射すと雪面がダイヤの様に光るのですが、今年は少なかったです。

一度だけ目にしたのでパチリ・・・2月が一番寒くなるので、この様な光景も見られ又地吹雪の日も多くなります。
P1040227.jpg


この様な牡丹雪は水分が多く、あまり積もりません。・・・玄関の窓から・・・
P1040092.jpg


細かい雪ほど多く積もりますが、向うが見えなくなるような降り方は此方ではまだ無く、山沿いの方には申し訳ないのですが雪いじりもしなくて済み有難い事です。
P1040161.jpg