2014年08月の記事 (1/1)

会津紀行

週1~2日の職場の仲間と会津へ・・・東山温泉泊は小学校卒業旅行以来でした。
会津の末廣酒造見学・喜多方雄国沼・体験館で竹ザル作り・喜多方ラーメンで舌ずつみでした。
バスの中始めから終わりまで飲み通し・・・!   (^○^)

酒造りの資料館で説明を聞いてお勉強・・・利き酒・・・お土産を買って来ました。
P1030238.jpg


野口英世の直筆だそうです。
P1030239.jpg


徳川慶喜の直筆・・・さすが会津です・・・そして昔の人は字が上手いです。
P1030240.jpg


野口秀世の写真・・・親戚だったそうです。
P1030241.jpg


雄国沼・・・バスから降りて上から眺めただけ・・・今の時期はあまり花が咲いてないようです。
下界から見た時は雲に覆われていたのですが頂上に着いたら晴れました・・・ラッキー!!でした。
P1030242.jpg


喜多方方面・・・ススキの穂も伸びて秋近しです。
P1030246.jpg


何の花?・・・
P1030245.jpg


野菊?・・・
P1030247.jpg


ゲンノショウコの花
P1030248.jpg


喜多方の竹かご作り体験館で先生から教えて貰いながら製作・・・
P1030249.jpg


半被を着た先生さすが手先が器用でした。
P1030251.jpg


私の作った竹ザル・・・歪んでます・・・趣がありますね (^_^;
P1030255.jpg
スポンサーサイト

秋近し

台風・猛暑・豪雨と各地で被害をもたらしましたが、お盆を過ぎたと思ったら残暑も無く急に涼しくなり天候不順と騒がれています。 被害に合われた方々にはお見舞いを申し上げます。 
その様な中、家の周り、散歩の途中では早くも秋の気配が感じられるようになりました。

秋の味覚クリもいつの間にか、こんなに大きくなっていました。
P1030221.jpg


ホウズキも赤く成り始めています。
P1030233.jpg


ホトトギスも咲き始め・・・
P1030224.jpg


タラの木の花も咲いています・・・此れはミツバチの大好きな花で沢山集まって来ます。
P1030232.jpg


ツクバネ・・・羽根つきの羽根の様な実を付け初めています・・・秋になると葉が落ち羽根つきの実だけが残ります。
P1030220.jpg


家の庭に咲く花
P1030228.jpg


家の庭に咲く花・・・隣から貰ったハーブ? だったかな!?
P1030229.jpg


ムクゲ・・・此れは長く咲いてます。
P1030226.jpg

フワッ・フワッになって元気です!

色々訳あってキジの卵・・・消える命をどうにかしようと解からないながらも挑戦して見たのですが、途中予想しなかった事も起きこれで孵化したら奇跡と思いながらも続けた結果生まれました4羽も!!・・・それも可愛く元気に育ってくれています。
此れから後、もと居た自然に返すまで元気に育って欲しいと思い、出来るだけの事はしようと思います。

羽毛も乾きフワフワに成って元気に動き回っています。
P1030174.jpg


ひょうきんな顔もします。
P1030211.jpg


こんなにフワフワ・・・可愛いでしょう!!?
P1030175.jpg


ミルワーム大好き!・・・さすが野生!! いい顔してるぜ!(^-^)  此れで自然に帰っても生きていけるぞ・・・生きたエサ大好きです。
P1030206.jpg

う! う~っ生まれました!! キジのヒナが~・・・

電気アンカで温めていたキジのヒナが生まれました~! (^○^)  ・・・長~い2週間でした・・・
栗の栽培地は収穫の前に全面的に草を刈らなければ成らないのですが、キジの卵が温められて居たとは知らず草を刈り出てきた卵は回りまわって私の手元に届きました。
断れば孵る事のない卵・・・時間は大分経っているし無理かもしれないと思いながらも精一杯やって見ました。
ネットを見ながら又人からアドバイスを受けながら、如何にかヒナが孵ることが出来ました。
孵ったら孵ったで育てなければならず、ヒヨコ用の餌とミルワームを買って食べさせようと思います。
元気に育ち自分で生きていける様になったら、元の場所に帰してやろうと思います。

殻を割って出てきたヒヨコ!!
P1030143.jpg


まだ羽毛が乾いて居ません
P1030146.jpg


まだ生まれて来そうなのも有ります。
P1030145.jpg


みんな元気です!!
P1030144.jpg


可愛いでしょう  (*´▽`*)・・・  生まれそうなのも・・早く出てこ~い!!
P1030147.jpg


元気な2匹で~す・・・ドンドン生まれてくると良いな~  (∈^▽゚)キラッ☆
P1030148.jpg

孵卵器変更

キジの卵 布やタオル毛布で包んでいたのですが、孵化の時卵から出て来れないのではと考え、段ボールを発泡スチロールの箱に変えて空間を温める様にしました。 湿度はタオルを濡らして敷いて居たのを、お椀に水を入れる方法に変えました。
これで37.6℃~38.0℃に保てれば完璧??・・・約±1℃位でした (^-^)

孵卵器内部はこんな感じにしました。
P1030135.jpg


卵とサーモスタットと温度計はこんな感じです。
P1030136.jpg


蓋をして更に毛布で軽く包みました。・・・やはり卵ガンバレです (^_-)-☆
P1030134.jpg

 孵化するか? キジの卵・・・

ハチを置かせて貰っている親戚で、栗林の草刈りをしていたらキジの卵が有ったとの事・・・毎年広大な場所の草を刈るのだが時々その中にキジが卵を産んでいて、可哀そうにと思い卵と巣を其の儘にして置いても、周りを草刈りした所には二度と戻って来る事は無かったと言う・・・今年は直ぐに仕事を辞め卵を私の実家に持って行きどうにかしてくれと・・・実家も私の所に電話でどうにかしてくれと頼みこんで来ました。
私も出先で電話を受けたのですが、仕方なく大急ぎで戻り卵を受け取り如何したら良いかと考えながらサーモスタットを探し電気アンカを引っ張り出してどうにか温めたのですが、時間との戦いで果たして卵は無事なのか見当が付きません??!!・・・取りあえず8日が過ぎましたがまだ変化なし・・・(´・ω・`)

このように段ボールの中に毛布やらタオルなどを敷いて、電気アンカとサーモスタットを入れタマゴを布で包んでその上に更にタオルや毛布を上げて置きました。
P1030128.jpg


1日2~3回ひっくり返してやらなければなりません・・・大変なんですよ~(>_<)
P1030129.jpg


タマゴを転卵しました・・・・(しるしを付けたのが見えなくなりました~(^_^))
P1030130.jpg


温度計を刺して布と毛布に包んで完成です。
P1030131.jpg


温度は37.6℃~38.0℃に保たなければなりません・・・・毛布の厚さで調整しました・・・たまごがんばれ!!です。
P1030132.jpg

今年の初ハチミツ

特別に送ってやりたいので、採りたてのハチミツが欲しいと隣家の奥さんから頼まれたので、今年初めて採蜜してみました。
山の蜂場から重箱を一段切り取り、自宅で巣板を外して下の写真の様にザルとバケツと白布でハチミツだけを、ゆっくりじっくり1昼夜かけて自然に落下するのを待ちます。

こんな感じです・・・(*゚ー゚)
P1030113.jpg


バケツ・ザル・白布です。・・・まったく昔ながらの方法ですが、ニホンミツバチの巣は西洋ミツバチと違い柔らかいため、この方法が一番との事です。
P1030114.jpg


バケツに濾し取られたハチミツを、ビンに移す時に再度白布で濾します。
P1030117.jpg


この様にして濾し取られたハチミツ・・・此れだけです・・・本当は9月末から10月初めに採蜜なのですが、今回はハチに負担を掛けないように特別10cm1段と少なくしました。
P1030119.jpg


今回特別に巣蜜を取って試食してもらいました・・・美味しそうでしょう!! このまま口にほおばるんです・・・食べるハチミツ・・・採蜜する時でしかできません!
P1030111.jpg


今回出来上がった8個です。
P1030121.jpg


裏はこんな風にしてます。・・・巣箱を作ってニホンミツバチの捕獲からハチミツのビン詰めラベル貼りまで、すべて自分の手での手作りです。 ( ^ω^)
P1030123.jpg

暑くて! 暑くて!! パート2

ミツバチ達の、暑くて! 暑くて!! パート2です。

此れは山の蜂場ですが、やはり山も暑くハチ達も大変そうでした。
夏草は伸びるのが早く、時々入口の草を刈り取ってやらなければなりません。 又 これから蜘蛛が入口に巣を張るので取り除く事と、オオスズメバチが襲い始めてきますのでその対策も必要になります。

中で仕事の無い蜂は、外へ出て旋風行動と仕事の邪魔に成らない様に屋外避難でしょうか?
P1030094.jpg


蔓も伸びてきます。
P1030095.jpg


此処は幾らか涼しいんでしょうか?・・・けど どこも暑いんですよね!
巣門から飛び出して行くハチと、帰って来るハチを見ていると、直ぐ近くの同じ所に向かっていました!!???・・
P1030096.jpg


場所は此処・・・湿った所に下りてセッセ!セッセ!と、巣の中に播く水を集めていました。
P1030097.jpg


此処にも2匹・・・もっといるようです?
P1030098.jpg


此処にも2匹・・・働き者ですね~(^_^;
こうして一生懸命に働いて蜜を集めてくれるハチさんに感謝です。  (*´▽`*)
P1030103.jpg

暑くて!暑くて!!・・・

暑くて!暑くて!!・・・ミツバチは気温が高くなると、巣箱内の温度を下げる為外に出て一生懸命煽いで風を送ります。
それでも温度が下がらないと、若い仕事をして無い蜂は外に出て体内からの発散熱による温度上昇を避けます。 それでも下がらないと、近くの水場から水を運んで巣内に撒いて、打ち水と同じく蒸発熱で巣内の温度を下げます。

私の居間から見える巣箱・・・ばらばらと外に出始めています。
P1030090.jpg


物置の屋根に置いた蜂は暑くてしょうがないのかな・・・イッパイ外に出ています。
P1030092.jpg


物置の屋根には2箱置いているのですが2箱とも外にイッパイです・・・(^_^;
今度箱を持ち上げて重いか軽いか確かめて見ようと思います。・・・1段採っても良さそうな重さなら、採蜜して見ようと思います。 (^_-)-☆
P1030093.jpg

オオムラサキ観察会

会のオオムラサキ観察会に行ってきました。
今日も猛暑で山に登るのは大変でした。参加者もこの暑さの為か少なかったです。
目的のオオムラサキは見る事は出来ませんでした。しかし他の蝶は結構いたのですが写真に撮る事は出来ませんでした。

撮れたのはキアゲハ
P1030071.jpg


そしてルリタテハだけでした。・・・がピント合わず!! (>_<) その他 キチョウ・カラスアゲハ・モンキアゲハ・ルリシジミ?他でした。
P1030089.jpg


頂上の標本前で勉強会でした
P1030078.jpg


此れは全部オオムラサキ・・・古いので色があせている感じです。
P1030072.jpg


色々な種類のチョウ
P1030073.jpg


アゲハチョウの種類か?
P1030074.jpg


この種類は何だろうか?
P1030075.jpg


此れはオオムラサキとギフチョウ・・・代表的な珍しいチョウ?
P1030076.jpg