2014年07月の記事 (1/2)

弟切草チンキを作ろう! パート2

弟切草 採取した物を陰干しして居たのが、梅雨明けで完全に乾燥したので瓶に入るほどの大きさに切って、度数の高いアルコールを買いに行きました。、45度の焼酎を買おうと思ったのですが無かったので、40度200mlのウオッカを1本買い、瓶に弟切草を詰め込んでウオッカを注ぎ込んだのですが、瓶の半分くらいで終わりました。
それで今日、再度ウオッカを1本買って注ぎ込み弟切草チンキ作り完了・・・少し残ったウオッカは私の腹の中へ・・・ウゥ~! 40度はきく~!!
何時もは25度の焼酎なので・・・(^_^;

昨日 弟切草をハサミで小さく切った物を瓶に入れ、ウオッカを1本注ぎ込んだのですが半分でした。(>_<)
P1030050.jpg


もう1本注ぎ込んで満杯・・・此れで完成 2か月程ねかせて使用できるとの事ですが、もう良い色に成ってます。(・∀・)
残りの刻んだ弟切草は予備に取って置こうと思います。
P1030062.jpg
スポンサーサイト

ギョウジャニンニクの講習会に行ってきました。

春にも講習を受けたのですが、その時はギョウジャニンニクの素晴らしさ作り方の講義でしたが、今回は種蒔きの実技と、それの管理と育て方の講義でした。

この写真の様に育てられれば良いのですがそう簡単に出来る筈が有りません。
そこがニホンミツバチと同じく面白い所だと思います。
イメージ (58)



講義の後、各自苗床を圧縮して播種の用意・・・皆さん集中しています。 (^-^)
P1030022.jpg


その後、タネを均一にばら撒きます。
P1030023.jpg


そして、その上に用土を規定量被せました。
P1030024.jpg


そして自然状態に近くするため、落ち葉をその上に被せて完了です。
P1030026.jpg


各自完了した物を持ち帰って、タップリ散水して管理して下さいとの事。
最後に再度育て方の秘伝を教授して貰って終了でした。・・・後は楽しみが残るだけです  (*´▽`*)
P1030028.jpg

ギョウジャニンニクの講習会に行ってきます。

ギョウジャニンニクの講習会が、道の駅国上で開かれるので行ってきます。
今回は苗床を造りタネを蒔く作業です。 そしてそれを持ち帰って育てると言う事です。
私は毎年1~2株買ったり貰ったりしながら10株~15株育てていますが、中々思うように行かないので
講習会で上手く行くポイントを見つけてこようと思います。

私はブログの文中にリンクを入れる事が出来なかったのですが、この前から入れる事が出来る様になりました。

弟切草チンキを作ろう!

此の前までオトギリソウを知らなかった私でしたが、色々気を付けて見ているとあちら此方に有る事が分かりました。
驚いたことに、何年も前に兄貴から貰った寄せ植えの鉢に植えられて、我が庭の目の前に花が咲いていました!
ずっと前に弟切草チンキが、虫刺され・切り傷・火傷等に効くと聞いて居たので作って見る事にしました。

今年初めて見たオトギリソウ
P1020011_201407242107101b6.jpg


驚いた事に我が庭の水道の脇の寄せ植えにも咲いていました。
RIMG0023_20140724210710851.jpg


花も終わりに近かったです。
RIMG0024.jpg


葉や花に油点が有るとの事でしたが、もっと大きな物と思っていたので見つからなかったのですが・・・有りました! こんな小さな油点が・・・
RIMG0025_201407242107088d4.jpg


此れで弟切草と分かったので、林道わきに沢山咲いているのを6~7本根を取らずに折って来ました。
P1030008.jpg


採って来たオトギリソウを、陰干しして焼酎に浸けてオトギリソウチンキを造ります。
!ムム~・・・!! これが乾燥したら細かく切ってホワイトリカーに漬け込むのでした・・・!
その時又アップしますのでお楽しみに・・・ (*´▽`*)・・・ m(_ _)m 
P1030014.jpg

ハチミツ草の花が咲き始めました

山の蜂場に育てているハチミツ草が咲き始めました。
昨年はハチミツ草・ヒマワリ・コスモスを植えて居たのですが、今年はコスモスが雑草に負けてしまいました。
此処は昔女房の伯父さんの家が有った所で、道路を広げた時砕石などを敷いたのか耕す事も出来ません。
しかし如何にかハチミツ草とヒマワリは育ってくれています。

ドライバーにも見える様に植えています。
P1030019.jpg


どうにかハチミツ草が咲き始めました。
P1030016.jpg


小さかったヒマワリもこの頃大きくなって夏には大きな花を咲かせるのではないでしょうか?
P1030017.jpg

西洋ミツバチ 昨年に続き一喜一憂

昨年に続き1群の西洋ミツバチに一喜一憂しています。
私はニホンミツバチ専門なのですが、昨年から西洋ミツバチが飛んで来たことで西洋ミツバチの技術も会得しようと、巣箱・巣枠等を造ったり購入したりして自己流ですが奮闘しております。
ニホンミツバチを長年やっていた者においては、西洋ミツバチは容易ではないものです。(西洋をやっている人には笑われるかもしれませんが・・・)
昨年は越冬に失敗してしまいましたが、今年こそは強群にした上で群れを増やして、来年の春を無事迎えさせてやろうと思います。

小さな群れですが産卵して21日が経ったのか、巣房に蓋がされていたのが蓋が無くなり、新しく卵が又産卵されていました。
此れは7月17日の写真です・・・(下の写真、同じ所の写真ですが7月19日に撮った写真では、蓋が無くなり卵が産み付けられていました。)
P1030002.jpg



上と同じ所の写真ですが蓋が無くなりそこに新しく小さな卵が産卵されていました。新しい働き蜂が誕生した物と思われます。
P1030020.jpg


此れはその裏側の写真ですが7月17日に撮ったものですです。巣房にまだ蓋がされています・・・
P1030005.jpg


此れは上の写真と同じ所を7月19日に撮ったものですが、幾つかは蓋が無くなっていて新しく卵が産み付けられていました。・・・働き蜂が多くなって巣をどんどん大きくして早く強群に成ってくれると良いのですが・・・ (*´▽`*)
P1030021.jpg

今のニホンミツバチと野の花

山の西洋ミツバチの確認とニホンミツバチの様子を見ながら花をパチリしてきました。
ついでに我が家のニホンミツバチも・・・

山の蜂場のニホンミツバチ・・・奥が前から居た箱で手前が今年入居した箱です。
今年入居した箱が伸びが良いようです。
この下に洋蜂が居ます・・・入居時1枚半位の群れですが結構なスピードで産卵子育てをしています。
P1010986.jpg


此れは自宅の私の座る所から見える重箱・・・云わば私の観察用巣箱です。
P1020017.jpg


毎日見ているのですが此れも伸びが良いようです。
P1020018.jpg


此れは我が家の脇の物置の屋根に置いた2群です・・・1群は強群に成っている模様ですが御盆前に重さを調べて見ようと思います。
P1020019.jpg


アップです・・・今年の箱ですが採蜜出来ると良いのですがね~・・・
P1020020.jpg


山の帰りパチリ・・・ツユクサ今の時期の花で目立たないですが近くで見ると綺麗ですね!
P1010989.jpg


山百合も崖の上で咲いていました。
P1010999.jpg


栗もすぐこの前まで花だったのが、いつの間にかこんなに大きくなっていました。
P1020010.jpg


此れはオトギリソウかな~・・・前にアキノキリンソウと間違っていたのですが此れは如何でしょうか?
P1020011.jpg


ハギも咲き始めていました・・・秋に咲くんじゃなかったのかな~ ?
P1010994.jpg


ニホンミツバチが沢山採蜜に来て元気に飛び回っていました (^○^)
P1020014.jpg

西洋ミツバチ幼虫と蓋掛け(蛹)されてました

先日入居した西洋ミツバチの卵が幼虫と蓋掛け蛹になってました。
巣枠1枚半位の小さな群れなのですが、一生懸命巣を造り卵を産み幼虫を育てています。 入居した時の働き蜂が羽化したばかりの蜂と寿命が近い蜂が平均に居たとすると、働き蜂の寿命が40~45日位なので卵を産んで羽化するまで21日かかる新しい働き蜂が生まれるまで、働き蜂は半分くらいになる計算です。
ぜひ頑張って大きな群れに育って欲しいと思っています。

此の前の卵が幼虫に成っていました。 そして又新しい卵も産みつけられていました。
P1010978.jpg


働き蜂は一生懸命幼虫の面倒を見ています。
P1010979.jpg


女王蜂は又新しい卵を産み付ける場所を探して居るようです。
P1010980.jpg


此処は貯蜜の場所なので卵は産めません・・・貯蜜が少ないと女王蜂は多く産卵しないと言うし、多過ぎると産卵場所が無くなるので面倒です。
P1010981.jpg


此処は蛹・幼虫・卵と次々と働き蜂が生まれるゾーンの様です。
P1010982.jpg


女王蜂は貯蜜状態・産卵場所・幼虫の育ち具合などの状況把握をするため動き回っているのでしょうか?
忙しそうでした。
P1010983.jpg

赤カナリア成長の記録

あんなに小さかった我が家の赤カナリアが元気な若鳥に成長しました。(^○^)
早いもので5月20日頃孵化して45日ほどで立派な若鳥に成ります。 体の小さな者ほど成長が早いと言われ象等は大人になるまで相当年月がかかる様です。

孵化して間もない頃のヒナ
P1010639.jpg


巣立ち真近のヒナです
P1010751.jpg


若鳥に育った現在のヒナ
P1010952.jpg


再び同じ親に2番子が1羽だけ孵化しました(今の状態)・・・良く見ると頭にアザ!??
P1010943.jpg


アップして見ると黒い羽根が生えて来そうな感じです?・・・  赤カナリアなのですが純粋種じゃないのでローラーの血も入っているのかな~・・・それとも突然変異?・・・
P1010945.jpg
どちらにしても元気に育ってくれれば、私には大して問題でもないですが・・・(´∀`;)

我が家のビオトープ?

私が家を建てた時は、下水道が整備されて無くて汚かった側溝が整備され綺麗になったので、一部塞いで野生種のメダカを飼ってます。 水源は若い頃自分で水道の水圧だけで井戸を掘ったパイプから水がポタ・ポタ・・ポタ・ポタと出ている水と、天から降る雨水です。 それが今は良い具合に色んな虫が住み、水草が生えてビオトープに成っています。
一昨日見たらオニヤンマが2匹と小さなトンボが2匹羽化してました。
そして今日もオニヤンマ2匹出てました。

近くの1匹は大きくなってましたが遠くの1匹はまだ出たばかりでした。
P1010921.jpg


この小さなトンボは、もう羽根が乾いていて近付いたら飛んで膝に止まりました。
P1010925.jpg


此れも小さなトンボ・・・まだ羽が乾いて居ません。
P1010926.jpg


此れは去年のアブラゼミの抜け殻か?・・・まだアブラゼミの声は聴いて居ませがニイニイゼミは盛んに鳴いています。
P1010930.jpg


此れは今日のオニヤンマの羽化
P1010938.jpg


此れはまだ抜け出たばかり・・・夏が近付いてますね (^○^)
P1010940.jpg