2014年06月の記事 (1/1)

今年も西洋ミツバチが入居

今年も西洋ミツバチが入居しました。
私はニホンミツバチだけを飼育して居ますが、昨年ニホンミツバチ用の重箱に西洋ミツバチが入居しどうにか生かす方法をと考え、西洋ミツバチ用の巣箱を用意して皆さんに教わりながら群れも増やすことが出来たのですが、私の勉強不足からか越冬出来ず春の内険で消滅していました。
今年は折角昨年西洋ミツバチ用の巣箱を購入したり自作したりして4箱有るのでと、待ち箱として置いた1箱に昨日入居を確認致しました。 そして今日スムシでボロボロになった巣板をましな巣板と取り換え、新しく張った巣礎と砂糖水を入れて来ました。
何かの縁で私の所に来てくれた西洋ミツバチ、今年は絶対越冬を成功させ春を迎えさせてやろうと思います。

西洋ミツバチ用の巣箱に入居した西洋ミツバチ
P1010882.jpg


こんな感じです
P1010880.jpg


ニホンミツバチと比べて一回り大きく色が黄色っぽいです。・・・私の見分け方・尻の先が黒いです
P1010881.jpg


此れがニホンミツバチ・・・尻の先が白いです
P1010244_20140628173952a10.jpg


此れは冬毛の様です・・・夏はもう少し黄色っぽくなりますが・・・。
P1010242_2014062817395194b.jpg
スポンサーサイト

野の花

昨日短時間ですが子供の頃よく行った鍾乳洞へ行って見ました。
その際道端に有った野の花をパチリしてきました・・・野の花は栽培の花と違い豪華さは有りませんが、その清楚な美しさにはハット!!させられる所が有ります。

ドクダミの花
P1010853.jpg


雑草の中に咲くドクダミ
P1010866.jpg


山アジサイ(額縁アジサイ)
P1010849.jpg


バッタの幼虫・・・休憩中かな?
P1010850_20140622080715fb5.jpg


キバナツリフネソウ
P1010840.jpg


キバナツリフネソウ・・・赤花も有りますが今日は見つけられませんでした。
P1010843.jpg


トラノオ
P1010864.jpg


キツネノボタン
P1010845.jpg


野イチゴ
P1010874.jpg


薬師様
P1010860.jpg


鍾乳洞及びトレッキングコースの登り口駐車場に立つ案内地図
P1010868.jpg


現在地
P1010871.jpg


鍾乳洞の入口に有る開洞記念碑・・・羽黒山の手形が彫られています。
P1010876.jpg


鍾乳洞の入口広場に有る東屋・・・向うの神様に心の中で手を合わせて来ました。
P1010879.jpg

カナリアのヒナ大きくなりました

カナリアのヒナが5月21日~22日に孵化してから28~29日経ちこんなに大きくなりました。
母親は又卵を産んで温めていますし、ヒナは一人で餌を食べれるようになったので今日ヒナ2羽を別な所に移しました。

5月23日に写したヒナ・・・ちょっとグロテスクですが可愛かったです。 (*゚ー゚)
P1010639.jpg


6月4日に写した巣立ち寸前のヒナ・・・母親は産卵の準備でした
P1010744.jpg


6月17日のヒナ・・・母親は卵を温めています。  ヒナに囲まれた中央が父親です。
P1010816.jpg


こうなるとどれが親でどれが子供か分からなくなります。・・・中央が父親です。
P1010824.jpg

みんなキリリとしています・・・中央が父親
P1010826.jpg


一番向うが父親…2羽のヒナと共に・・・
P1010832.jpg


此れも同じ一番向うが父親…2羽のヒナ可愛いです。(^_-)-☆
P1010833.jpg

粟島クリーンップ作戦

6月15日の粟島クリーンアップ作戦、当初14日最終便で行く予定でしたが波が荒く船が欠航との宿からの連絡で、15日出発その後1泊して 翌日島めぐりの観光をしてきました (^○^)
粟島は内海側約100軒外海側30軒で山は300m位の竹と笹と草原と自然林の島でした。 同じ宿に宿泊していた人でカミキリムシだけを追いかけ、日本全国や外国までも採集に行く方とも会いましたが・・・私もと思いミツバチを探しましたが見つけることが出来ませんでした。 野馬が居たと言う所までは昨日土砂崩れが起き行けなく残念だったのですが、この島にはシカが多くなって困っていると観光の運転手さんが話していました。 ある人が島でシカを飼育して居た内の3頭が逃げ出しそれ以来増え続け、今は捕獲で苦労していると言う・・・道脇に2個の捕獲柵を見つける事が出来ました。
素晴らしい景色と透き通った海と人懐こい人情が何時までも続く事を願って島を後にしました。・・・有難うございました m(_ _)m

クリーンアップ作戦のパンフレット
img133.jpg


此れはフェリー・・・帰りはこれに乗りました。
P1010796.jpg


高速船 此方で島に行きました・・・速くて良いのですが矢張り揺れて気持ち悪かったのですが酔わずに済みました。
帰りのフェリーは遅いですが、大きくて揺れず安定して居て快適でした。
P1010797.jpg


私達は外海側のキャンプ地付近の清掃でした。
P1010798.jpg


向うの方まで散らばって各自ゴミ拾いです。
P1010800.jpg


集めたゴミを1列に並んでバケツリレーさながら手渡しでゴミを移動して行きます。
皆知らない人たちですが声を掛け合って…同志って感じでした!!
P1010804.jpg


解散後 こんなに集まるものかと思う程、多くのごみが集まりドンドン車で運び出されて行きました。
P1010806.jpg


翌日 島めぐりの観光で外海の集落の神社への階段から・・・
P1010808.jpg


外海側の展望台から・・・曇り空でしたが海の底の石が見える奇麗な景色でした。
P1010810.jpg


反対側も自然の草原と綺麗な海が広がっていました。
P1010811.jpg


帰りのフェリーの時間まで余裕が有ったので内海側の遊歩道を歩いて見ました。
内海側は真竹と自然林と植樹林から成り立っていましたが、やはり竹林も整備されておらず杉林なども若木の頃枝打ちされたようですが、途中から手が入っておらず蔦が絡まって自然林に近い状態で、いずこも同じと言う感じでした。
若い島の職員と出会って暫らく一緒に歩きましたが、シカの生息状況を調べに来たのだと話してくれました。
短い2日間でしたが、島の人たちは親切で人懐こく、私が子供の頃過ごした今は無き小さな部落の情景が、思い浮かぶ旅でした。
P1010815.jpg

人は自分を取り巻く人間が、少なければ少ないほど人情が密に成り、多ければ多いほど人情が疎になる様な気がします。 (^_^;

紙漉き体験

塾の行事で楮(コウゾ)原料の紙漉き体験に行ってきました。
途中智恵子抄の千恵子さんの生家と記念館を見学、少人数でのゆるり旅でした。 (^○^)

智恵子さんの生家は造り酒屋で中は豪華で落ち着いた造りになっていました。
P1010786.jpg


資料館では智恵子さんの小さい頃からの紹介も・・・
P1010778.jpg


智恵子抄の資料も全部公開されてました・・・
P1010777.jpg


智恵子さんの切り絵の作品(刺身)・・・シンプルですが気持ちが伝わって来ます。
P1010780.jpg


これもシンプル(教会)・・・俳句や詩の様に余計なものは何もない!
P1010782.jpg


此れは夫、高村光太郎の作品・・・他に十和田湖の乙女の像の試作品等も展示されてました。
P1010779.jpg


此れからが今日の本題・・・楮の材料での紙漉き体験、中にモミジの葉っぱを入れて自分だけの配置で透けて見える様に和紙を漉いて行きます。 乾いたら作品を送ってくれるのだそうです。
P1010787.jpg


此方は和紙と黒竹とで行燈を作りました。・・・これも色々なものを貼り付けて行燈を灯すと絵が出る様にしました。
私達の目標は竹の繊維で和紙を漉く事なので、出来れば次回、楮では無く竹で和紙を作っている所の見学予定だそうです。 (*´▽`*)
P1010788.jpg

カナリアの巣立ち

5月20日に孵化した赤カナリアのヒナが巣立ちしました。 (^○^) カナリア説明
気候も良かったせいかすくすく育ち、無事巣から止まり木まで飛び出すことが出来一安心です。
この子たちが一人で餌を食べれる様になったらまた卵を産むようです?・・・母親がまた巣材を口にくわえてウロウロしています。 あともう少し! 今年は順調に若鳥まで育って欲しいと願っています。

5月22日のヒナ・・・こんなだったんですよ!
P1010639.jpg

親鳥が大丈夫だよ~・・・此処までおいでと呼んでいるようです。
P1010744.jpg


2匹で怖いよ~・・・どうしようか? って感じですね (^-^)
P1010751.jpg


1羽が頑張って、どうにか止まり木まで飛ぶことが出来ました。 (∈^▽゚)



母親と・・・
P1010757.jpg


父親と・・・あと1~2日で止まり木を元気で飛び回れるようになると思います。早く大きく成るもんですね!  (*´▽`*)
P1010758.jpg


ところで・・今日午後見たら、母親が今まで雛がいた巣を横取りしていたので、写真を追加します。
ヒナは入るスペースが無くなり、面喰って居るようです!
P1010767.jpg


母親はスッポリ巣にはまり込んで、出る気はない?・・・此れから卵を産んでまた母親の巣に戻るのでしょうか??
P1010762.jpg

虫に食べられた~

山菜のモミジガサとイラクサを挿し木して置いたのを、結構よく育っていると眺めていたら、下に何か黒いものが落ちている?・・・何だろうと調べたら虫の糞・・・探しても見つからない!?・・ よくよく見たら枝に擬態? 青虫でした・・・全体を探したら4匹程いたので天国へ行ってもらいました。  これらの山菜根が付いた様なのでハチを置かせて貰っている山で管理する事にしました。
去年撒いたカラスザンショウにもカラスアゲハの幼虫がいました。・・・ビービーツリーも気を付けなければ・・・(^_^;

こんなに近付いても解かりませんでした・・・?
P1010695.jpg


真中に写っているのが青虫なんですが~・・・やはり擬態ですね!・・・せっかく育ったんだから食べないでよ! (*`_´) こら~~!
P1010694.jpg


もう根が出て自分で生きていけると思い涼しい杉林の下にポットごと埋めて管理する事にしました。
P1010720.jpg


半日陰で沢水の通る近くです。・・・秋になったらポットから出して地植えにしようと思います。
この実験上手く行きますでしょうか??・・・
P1010721.jpg


カラスザンショウの苗にカラスアゲハが止まって尻を葉っぱに付けてます?
P1010722_20140604163505c8a.jpg


又飛んで反対側の葉に止まろうとしています
P1010726.jpg


今度はここに止まって同じことをしています。
P1010730_20140604213702029.jpg



しつこく飛んできては葉っぱに止まろうとしています。
P1010727.jpg


そこで葉っぱを良く見ると小さな黒いものが・・・アゲハ蝶の幼虫です・・・良く見て居ないと丸坊主にされます ( #`_´)
P1010731.jpg


ビービーツリー・・・やっと本葉が出て来ました。 これも柑橘類なのでアゲハチョウの幼虫の食葉です。
P1010733.jpg


まだ食べられて居ない様です・・・気を付けて監視してないと・・ ! ( #`Д´)   やっと芽が出たのだから・・・(^_^;
P1010734.jpg

大人気!・・・イタチハゼ

イタチハギが咲き始めました~!! (^○^)
私達の地域では道路を造る際、切り崩した斜面に土砂流出防止に植えられて居る事が多いのですが、このイタチハゼが咲き始めるとニホンミツバチが大騒ぎに成ります。 切り崩しなので山手が多いのですが、マルハナバチも西洋も来ずニホンミツバチだけが目の前の花に5~6匹と言う具合に羽音を発てている場合があります。

この中にニホンミツバチが何匹いるか解かりますか?・・・私が探したら3匹でした。
4~5匹いた様なのですがシャッターを押す時と、シャッターが切れるタイミングが違うようで上手く撮れません。 そして焦点が合わずボケるし・・・やはり腕とカメラなのかな~ (>_<)
P1010698_201406012043582fe.jpg



ハギと言う名が付いてますが外来の物でハギではないようです。・・・それにしても夢中で蜜と花粉を集めています。
P1010716.jpg


アップです・・・ニホンミツバチはこの様な小さな花がイッパイ付く花を好むようです。
P1010718.jpg


いくらプリプリのお尻が自慢でもこっちに回って来てよ~!!
P1010710.jpg


ん~ん~ん・・・中々タイミングが取れない!・・・みなさん蝶や野鳥を奇麗に撮っているのですが苦労しているんだろうな~・・・それとも俺が下手すぎるのか・・・ん~ん~ん・・・??? (^_^;
P1010707.jpg