2013年09月の記事 (1/1)

又もオオスズメバチです

又西洋ミツバチにオオスズメバチです。此間は2箱並べていた1箱が襲撃されましたが、今度は下の1箱が襲われました。矢張り西洋は襲われやすいのでしょうか? 3箱しかない西洋の箱を選り分けて来ている様です。
西洋ミツバチは手が掛かる上に外敵・病気には弱いし、寒さにも弱いので春まで全滅しなければ良いがと思って居ます。


この箱は下の方の箱で20匹程ミツバチが殺されていました。
皆怖がって出て来ません・・・籠城作戦の様です!?  6匹がネズミ取りに掛かりましたが早かったせいかこれで終わりの様です。
RIMG1128.jpg


6匹が掛かりましたが後は来ないようです。 これで様子を見てみましょう!!
RIMG1129.jpg


自宅のニホンミツバチの出入り口近くでオニヤンマが急旋回し何かを捕まえて居ましたが良く見るとニホンミツバチです。 刺されもせず一瞬で仕留めて居ました。 ニックキ オニヤンマですが仕方ありません。
RIMG1131.jpg


カラスザンショウの苗に又アゲハチョウの幼虫が居ました・・・結構獲ったのですがすぐにまた出て来ます。
RIMG1132.jpg


アゲハチョウの幼虫・・・アップです・・・何アゲハかな~?
RIMG1133.jpg


此れはビービーツリー・・・此れも油断して居たらアゲハチョウの幼虫の餌食に成りました。・・・全部葉が無くなったのですが夏を過ぎたらまた芽が出て来て枝が出て葉が出て来ました・・・2年目なのに私の背位に成りました。170cm位かな?・・・大きくなるのが非常に早いです!!。
RIMG1135.jpg
スポンサーサイト

西洋ミツバチにオオスズメバチ来襲

今年はニホンミツバチにも西洋ミツバチにもオオスズメバチが来ないで安心して居たのですが、ついに現れました。
キイロスズメバチは来ていたのですが、1匹ずつ捕って行くのであまり脅威に成らないため其の儘にしているのですが、オオスズメバチは1箱を完全に全滅させるためそうはいきません。 昨日見た時は何も無かったのですが今日来たら200匹程の西洋ミツバチが噛み殺されていました。 去年のネズミペッタンコが車に乗って居たので、オオスズメバチを1匹捕まえて貼り付けて30分位で9匹獲れました。 西洋ミツバチはオオスズメバチを熱殺しないと言われていますが、私が来たときには1匹入口の下に転がって居ました。  見て居ないので熱殺なのかは定かでは有りませんが・・・ (^_^;
此れからはオオスズメバチがミツバチを襲う季節なのでニホンミツバチも気を付けなければと思います。

台風後秋晴れが続いて、セイタカアワダチソウの蕾の色を見ながらニホンミツバチの採蜜を始めています(^○^)


結構咬み殺されたので籠城作戦に出たようで入口の向こうで待機して外には1匹も出て居ません。
オオスズメバチが又1匹飛んできました・・・
RIMG1121.jpg


入口の下にはこんなに殺されていました・・・周りにも沢山死んでいたりまだ息絶えてないのも居ました。
RIMG1124.jpg


枯草の上で死んでいるのは私が来る前にすでに死んでいた物です。 熱殺されたのかな~?!
RIMG1123.jpg


入口の前に置いておくと良く獲れるのですがミツバチもくっついてしまいます。
RIMG1122.jpg


あっと言う間に引きに成りました。
RIMG1125.jpg


最終的に9匹獲れ後が来なくなったので其の儘にして帰りました。 これで来ないで欲しいのですが近くに巣があると思われるので注意して見て居ようと思います。
RIMG1127.jpg

蜜源植物

色々な蜜源植物のタネを蒔いたり挿し木をしたりして来ましたが、今年蒔いた種が芽を出し育ってきました。
木がしっかりする秋から春にかけて山に植えて行こうと思います。
去年のビービーツリーとカラスザンショウは、矢張りアゲハチョウの幼虫との戦いに成りました。 女房は蝶になるからと保護していますが私はそうはいきません・・・一度は葉が無くなりましたが夏が過ぎたら枝と葉が出て来て大きく育っています。
今年の結果を紹介して見ます。(^-^)

此れはなかなか芽を出さずダメなのかなと思って居たのですが後からちゃんと芽を出してきました。
名札が芽ませんが・・・
RIMG1108.jpg


エンジュです・・・種を採った木には沢山のミツバチが来ていました。
RIMG1109.jpg


此れは新潟産のカラスザンショウ・・・高い所に花が咲いているのでミツバチかは分かりませんでしたが大きなマルハナバチやクマバチが来ていました。
RIMG1110.jpg


小さく優しそうな葉っぱはセンダンで大きな葉っぱはハゼの木です。・・・センダンは諦めて居たのですが後で気が付いて見るとちゃんと出て居ました!
RIMG1111.jpg


名札が見えなかったのですが・・・センダンでした。
RIMG1112.jpg


名札が見えなかったのですが・・・ハゼの木でした。
RIMG1113.jpg


新潟の山に有ったビービーツリーの枝の挿し木ですが、最初は元気良く葉を出していたのですが今年の異常気象の日照りと暑さで、水分不足と葉焼けが作用して葉が無くなってしまいました。・・・今残って居るのは2本だけですが、まだ他のも青い芽が残って居るので枯れては居ないのかなと思ってはいますが・・・?
RIMG1114.jpg


左の鉢はヒメグルミとハゼの木・・・右はトチノキです・・・どちらも暑さと葉焼けと密植で葉が少なくなってしまいました。・・・広い所に移し替えて育てれば元気が出るのかなと思います。
RIMG1116.jpg

サルナシ(コクワ)も挿し木をして見たのですがどうにか4本ほど残って居ました。
RIMG1118.jpg


イチジクも挿し木して見たのですが全部着いたようです。 桐生砂と籾殻で挿したようですが稲がイッパイ出て来ました・・・栄養が足りないようです。
RIMG1119.jpg


群馬オフ会で頂いた花のタネ・・・ハチミツ草やヒマワリより発芽が遅くもうダメかなと思って居たのですが、出て来ました・・・まだ小さくて冬を越せるかどうか分からないのですが、単独のポットに移してみました。 蜜源のタネ提供してくれた方有難うございました (*´▽`*)
RIMG1120.jpg

綺麗な花が咲きました

皆さんから頂いた花のタネ綺麗に咲きました!!
草むら及び水はけの悪い畑と条件の悪い場所と、植え付けの時期に雨が降らず日照りばかりで苦労したのですがどうにか綺麗な花が咲いて呉れました。


ハチミツ草・・・初めて見た花です…この辺には見る事は有りません。
DCF00198_20130908204419a86.jpg


ヒマワリも雑草に埋もれたりクズのツルに巻かれたりで苦労しましたが、どうにか花を見ることが出来ました。畑でもない所に植えるには大変だと言う事が解かりました。
DCF00190_20130908204418d48.jpg


ハチミツ草に来たニホンミツバチ
DCF00191_201309082044182d5.jpg


ハチミツ草とニホンミツバチのアップです。
DCF00187_20130908204417d64.jpg

今年は自分でタネを採る予定です。

宮城~福島へ行ってきました

東北大震災から2年余りが過ぎ、私を含め人々からその記憶が薄れつつある頃に成りました。当初私は行かなければと思いつつ、とてもいく勇気が出ませんでした。私の住んでいる所にも避難者受入れが有り布団が足りないので予備のある人は寄付して欲しいとふれが有りました。お客が来た時の為に仕舞って置いた布団を出してやりましたが、どちら様かが使ってくれた事でしょう。そんな事よりもテレビで見た場所を映像では無く、この目で今なら見れるだろうし見ておかなければと言う思いと、月日が経ち支援が忘れかけて来た今、支援の一環にと思って出かけてきました。名取川脇の家並みを津波の濁流が呑み込みながら進む映像をテレビを見ながら、あそこには皆人間が居るのだと考えると、居ても立っても居られない気持ちでしたが、ただ祈る事しか出来ませんでした。
今そこに来てみると、誰も居ない窓の敗れた小学校が草むらの中にポツンと建っていたり、大きなお寺だけが残っていたりしていました。その近く一帯には一般の家の土台だけがずっと並んで草に埋もれて居ました。木造の家は全て流されていたのです。
閖上地区に少し小高くなった場所の流された神社跡に、小さな神社を置き祀って居ましたので女房と2人各々気持ちばかりのお金を入れて御参りをしてきました。そこには東本願寺の黄色いユニホームを着た若いボランテアの人たちが数人ですが働いて居ました。釜石から、放射能で此れから先、行けないと言う相馬まで、海岸線を走ったのですが写真はあまり撮りませんでした。除染作業で出たごみの入った黒い大きな袋が民家の庭先にいっぱい積まれていましたが、政府は何時まで置いておくのでしょうか?
気の滅入る事ばかりを書きましたが、矢張り行ってこの目で見れたことは良かったと思っております。皆さんの幸せを祈りつつこの地区を後にしました。


午後家を出て高速で仙台を降り作並へ・・・震災で安くしているのか? ゆ〇ゆ〇で取った安い宿でしたが非常に対応も良く料理もおいしく満足でした。露天風呂は木造の88段も有る階段を下りた川の脇に有りました。
途中に有った古い時計です。
DCF00167_201309010800492a2.jpg


良く見るとこんな事が書かれていて、此処では一番の老舗旅館だそうです。
DCF00168.jpg


下から見た所の階段・・・情緒が有りました。
DCF00170_201309010800475ed.jpg


渓谷の川の脇に露天風呂は有りました。・・・4つも露天風呂が有りいい湯でした~
DCF00173_20130901080046b63.jpg


すぐ脇はこんな川で、イワナも泳いで居ました・・・
DCF00175.jpg



此処は津波で街並みが全て流された所・・・閖上に祀られた神社に建てられていた看板・・・・
DCF00166_20130901080502fe0.jpg


あちらこちらにヒマワリプロジェクトが育てたヒマワリが咲いていました。・・・何とも言えません・・・
DCF00165_20130901080249098.jpg


2日目は福島で泊まりました。吾妻スカイラインの前のホテルにて・・・高原の霧で朝は何も見えませんでした。
DCF00164_20130901080248f93.jpg


部屋より反対側の霧の様子
DCF00163_20130901080248097.jpg


宿を出て吾妻スカイラインの頂上付近に着くと霧が晴れはじめ眺望が利く様になりました。
DCF00162.jpg


噴火と地熱とガスで植物が生えないようです。
DCF00151.jpg
宮城と福島県への支援旅行は、レークラインとゴールドラインを通って帰りました。