2013年02月の記事 (1/1)

庭の小鳥

この前の寒波であちこちの小鳥が我が家の庭に来たようです。
メジロが6~7羽といやに多くなりました。みんなで追いかけっこをして賑やかです・・・ペアーになる時期の様です。今まで来たのがヤマガラ・シジュウカラ・メジロ・ヒヨドリ・アオジ・コゲラ・シロハラ・キジバト・エナガ等でしょうか。寒い時は餌を一杯食べて春の山に帰って行けばよいと思っています。

アオジがカナリアの餌のこぼれを食べてます。
アオジ


ヒヨドリは他の小鳥を押しのけてきます。
ヒヨドリ


ヤマガラとメジロは常連です。
ヤマガラ・メジロ


今日のメジロは暖かくなったせいかスラリとしてスマートでした。
RIMG0286.jpg
スポンサーサイト

クマタカの観察

3日程前の晴れ間にクマタカの観察に行ったのですが、ポイントと思われる森から離れた山の上を1羽のタカが、円を描いて飛んで山の裏に消えて行ったのですが、30分程観察しているといつの間にか等高線に沿うように木々の頭ぎりぎりに、そのタカがスイ~~と飛んできてポイントと思われる森の木に止まりました。すると森の上の方からピイーピイ~と鳴きながら、別のタカが急降下してきて同じ木に吸い込まれていきました。3分位観察していると先に入ったタカが出て行きました。久しぶりに2羽のタカを同時に見る事が出来て安心しました。
そこで今日は、営巣木か繁殖の兆しかを確認したくて再び行ってみました。この前は同じ木の同じ所に飛んで行ったので、求愛の餌渡しか交尾か巣作りかと思えたのです・・・しかし今日はポイントの上空を円を描いて帆翔する姿は3回ほど見れたのですが、確認できた事は有りませんでした。 此処は4~5年前から観察しているのですがずっと居てくれています。人に気ずかれない様に1時間半位雪の上で観察していたのですが、陽射しが有るとは言え寒くて次の機会を楽しみにポイントを後にしてきました。

カラスがスクランブル発信して行きました・・・上がカラスで下の遠くがクマタカです
クマタカ


此れはどこに写っているのでしょう?・・・右から40%位上から30%位の木の又の所です。こんな写真でスイマセ~ン(≧▽≦)
クマタカ

自宅のミツバチどうにか元気でした。(^-^)

今日の日中は久しぶりに暖かくなり、早春の日差しが降り注いでいました。
この前の今季最高寒波で、ミツバチたちは大丈夫かと心配していたのですが、その心配もよそに今日は
多くのハチが巣箱の前を飛び回っていました。ようやく冬を越したようですが、此れから多くの花が咲き
若蜂が生まれるまで頑張って貰らわなければなりません。(^_^)

結構イッパイ飛んでいたのですが写真に撮ると写らないものですね・・・春までガンバレ我が家のハチ達!!
ミツバチ


此れもあまり写っていません(*_*)・・・出入り口は向こう側ですが・・・
ミツバチ

赤カナリア抱卵開始

赤カナリアのフジとキクが卵を産みました。孵化の日にちを揃えるために、毎朝卵を取って保管していたのが3個
今日1個産んで全部で4個に成ったので偽卵を取り上げ抱卵させます。
上手く行けばあと1~2個産むかもしれませんが、孵化が1~2日しか違わないので遅れを取り戻せます。
14~15日で孵化ですが1週間位したら検卵して、無精卵か有精卵か正常に育っているか調べます。
全部無精卵の時も有りますが、この頃非常に寒い日が続いたので心配ですが是非全部育って欲しいと願ってます。

保管していた3個の卵
タマゴ


偽卵を取って全部の卵4個を抱卵させます。
巣に戻しました


こんな感じで巣を作っています。
こんな感じ


親のフジとキクです。
親です


親のフジとキクです。
親です


頑張って卵温めてよ!!  私は最善を尽くして後は自然の成り行きに任せます。
頑張ってよ


キタとサクラも頑張って卵産んでよ!  これも自然の成り行きに任せます。
負けずに頑張れ

今年はヒナが取れたら近くの1人暮らしの老人に上げようと思います。
去年2羽のヒナが育ち、それぞれ友達に貰われて行ったのですが、1羽は雄で朝から晩までの囀りを楽しんで居るとの事ですが、もう1羽は雌でピイ~・ピイ~としか鳴きません、それで今年オスが生まれたら替えてやるよと言ったのですが、今まで飼って情うが移り、手放せないしピイ~・ピイ~としか鳴かなくても、可愛いからこれでいいよとの事でした・・・しかし何時でも替えてやるよと言っておきました。(^-^)

春近し・№2

再度春近し №2・・・カナリア1回目産卵破棄したのち、巣草を入れたら早速巣を作り始めました。
今度は抱卵をさせ、孵化させようと思います。 はたして上手く産卵・孵化してくれるか楽しみです。
野鳥も寒い時や雪が降ったときは庭の餌台に来ていますが、暖かい時は自分のテリトリーに行って春の準備の様です。
晴れた時にクマタカの山に行って来ました。なかなか姿を現さなかったのですが、ふと見ると何時ものポイントからいつの間にか飛び立って、帆翔してました。 すぐにポケットデジカメで追いました。最初は向こうの山の端を飛んで、高度を上げた後だんだん自分の方に飛んできて、頭の上を通り過ぎて行きました。シャッターはイッパイ押したのですが、見れるのはピンボケの写真1枚でした。、またオオタカの所にも行ってみましたが、コガモを狙っている羽根の生え変わらない、若いオオタカが居たのですが此れもカメラの枠にも入らず、写真の難しさを知りました。

タマゴを破棄されたキタとキクです。
カナリア


キタとキクが巣を作り始めました。
カナリア


フジとサクラです。まだ巣作りには早い様です。
カナリア


まだ巣作りには早いようですが、新聞紙を千切って運んでる所を見るとそろそろかな?・・・。
カナリア


メジロは綺麗でカワイイですね・・・。
メジロ


ヤマガラは雪の中からヒマワリの種を探しています。我が家の人気者です。
ヤマガラ


シジュウカラは人見知りで臆病者でなかなか写真に納まってくれません。
シジュウカラ


先日ののクマタカの観察でたった1枚のピンボケ写真です。
クマタカ


オオタカのいる池でコガモは写真に撮れるのですが、オオタカはナカナカです。コガモを追いかけている所は、素晴らしいのですが腕が付いて行きません。
コガモ

ミツロウキャンドルの作成

ニホンミツバチのミツロウを使ってキャンドルを作って見ました。 趣味で色々な事をやって見るのも、楽しいものです・・・(^_^)  材料はミツロウと芯と100均の入れのもです。
先ず木綿の布を切り撚って芯を作りました。
芯作り


材料はガラスの入れ物と芯とミツロウを溶かす入れ物です。
材料


ガラスの入れ物に芯をセットします。
芯をセット


ミツロウを溶かして流し込みます・・・そして固まる前に芯の位置を調整します。
ミツロウを流し込む


ミツロウが固まると完成です。
ミツロウキャンドルの出来上がり


点灯試験をしてみました・・・あまり煤も無く点灯してくれました。
ミツロウキャンドルの点灯試験


100円の入れ物ですが、それぞれ個性が出て楽しいものに成ったと思います。
自然からの贈り物、我が家のアロマとイベントと停電時の明りに使おうと思います。
ミツロウキャンドルの点灯試験

春の足音

今日は2月1日、本当は一番寒い時期なのですが?・・しかし今日は暖かく、春を思わせるような良い天気でした。
カナリアは良く囀り声高になった様なので、巣皿を入れてやりました。 新聞紙を引きちぎり巣に運んでいるので、まだ早いと言ってやりたいです。
これは富士と桜で~す (^-^)
カナリア


富士と桜の巣皿・・・今年は順調に孵化するか?
カナリアの巣


これは北と菊です
カナリア


北と菊の巣皿・・・新聞紙を千切って運んでます。
カナリアの巣


天気が良かったのでクマを連れて散歩の途中、真上にウソが2羽・・・落し物するな!!
ウソ


フキノトウが顔を出してました。
フキノトウ


美味しそうですが春になったら採りましょうか?
フキノトウ


今日は庭のミツバチもワンサカ出てました・・・ここは元気そうです。
ミツバチ


クズの実がなってました・・・夏はミツバチたちが蜜を求めて飛び交っていたものです。
クズの実


ヤブコウジの実が付いてました。
ヤブコウジの実


ナンテンの実は沢山ついてます。
ナンテンの実


山茶花の花・・・何もない冬はやはり赤いものがイイですね。
山茶花


寒がりのクマも今日は雪の上を歩きます。(^○^)
クマ