昆虫の記事 (1/1)

アゲハチョウ

8月17日に飼育して居た、最後のアゲハチョウの幼虫が蛹からチョウにになりました。
私は黄色いアゲハと黒いアゲハがいて、その中に色んなのが居るようだと思ってはいたのですが、調べて見ると面白いものですね。
我が家で飼っていたのはキアゲハの様でした。

3匹のアゲハの幼虫を飼育して居たのですが最後の1頭が蛹からチョウとなりました。 (*´▽`*)
DSCN2764.jpg


先に羽化した蝶も、今回のチョウもとても奇麗なキアゲハとなりました。
3頭とも写真撮影、観察後青空に放してやりました。・・・「有難う・・・元気に過ごせよ~!!」
DSCN2765.jpg
スポンサーサイト

わが家のキアゲハの幼虫飼育

毎年我が家の庭の山椒やカラスザンショウ・セリの葉にアゲハチョウが卵を産みに来ます。 暫らくすると幼虫になりますが、羽化してチョウになったのを見た事がなかったので、3匹の幼虫をバケツに入れて飼育して見ました。

8月2日3匹のうちの1匹が蛹になりました。
DSCN2688.jpg


暫らくしてもう1匹が蛹になり、残りの1匹が隣まで登って行き動かなくなりました。
DSCN2699.jpg


そして、ゆっくりゆっくりと首を左右に振りながら、糸で体を支える物を作っていました。
DSCN2708.jpg


そしていつの間にか蛹になっていました。・・・結構良く見て居たのですが、幼虫が蛹になる瞬間は見る事が出来ませんでした。
DSCN2720.jpg


8月11日朝に最初の蛹が蝶に成っていました。・・・此れも蛹からチョウになる所は見る事が出来ませんでした。
DSCN2743.jpg


まだ羽化したばかりなので、羽にも傷が付いて無く綺麗なチョウです。
DSCN2744.jpg


まだ羽化した蛹につかまっています。・・・この後、羽根が傷つかない様に家人と観察した後で放蝶してやりました。
DSCN2747.jpg


8月13日朝、まだ蛹でした。
DSCN2760.jpg


8月13日朝、上の写真の様に蛹だった2番目の蛹も昼には羽化して蝶になっていました。・・・此れも外出から戻るとすでに蝶になっていました。

DSCN2761.jpg


此れも綺麗なナミキアゲハ?です。・・・お盆に帰ってきた孫たちと観察したのち、此れも大空に放してやりました。
DSCN2762.jpg

変身~命の誕生

私の家の下の側溝にはトンボのヤゴが住んでいます。  春の町内一斉草刈り・ドブ掃除の際、泥揚げしてヤゴが泥と一緒に上がってしまいました。 出来るだけ探して返したのですが大分少なくなったようです。 今年は日本メダカを飼っている所も掃除しました。

前は生活用水も流れていたのですが、下水設備が整い今は綺麗な山水だけです。・・・こんな所にトンボが羽化してますよ!
DSCN2547.jpg


ほら!!  アップにするとオニヤンマです。
DSCN2548.jpg


ヤゴから脱皮してトンボの誕生です!!? ・・・後1~2時間すると飛んで行けそうです。 (^○^)
DSCN2549.jpg


こんな所にも!!・・・ 落ちそうなんですが、此れから晴れて水分がなくなれば飛び立って行ってくれるでしょう。
DSCN2544.jpg


色も黒くなっているので、もう少し頑張れば太陽も顔を出し羽も乾いて飛んで行けるでしょう。
DSCN2546.jpg


こんなトンボも居ます。・・・飛んで行ったのも居るかも??
DSCN2556.jpg


シオカラトンボのメスかな~?
DSCN2558.jpg


此処にもいました。・・・みんな元気に飛んで行って欲しいです。 (^_^)
DSCN2564.jpg

オオムラサキ観察会

今年も裏山のオオムラサキ観察会に行ってきました。
途中地層の説明・私達で間伐やチョウの食べる木や草を植えて山を管理している事、昔お城があった頃の説明などをした後、頂上でオオムラサキの観察をしました。
一昨年・去年とオオムラサキは見れなかったのですが、今年は何頭も見れて大盛況でした。 50年前までは至る所に沢山見れたのだそうですが、近年目立って数が減っているのだそうです。 そのような事も有り私たちのプロジェクトでは、オオムラサキの食樹であるエノキの苗を植えたり、ギフチョウのカンアオイ・アゲハチョウのカラスザンショウの苗を植えて管理しています。
もっともっと、此の山だけでも昔の自然が戻ってくれれば素敵なのにな~と思っています。

私は子供の頃、樹液に集まるカブトムシを捕りに行っていたのですが、その時大きなチョウがカブトムシやスズメバチを羽で追い払っていたのを見て居たのですが、国鳥のオオムラサキとは知りませんでした。
そしてこの様に、木の天辺で縄張りを主張している姿も初めて見て知る事が出来、又カメラの試し撮りも出来ました。  (*´▽`*)
DSCN0254.jpg


この様に木の天辺辺りで見張っており、他のオオムラサキや別のチョウ・そして小鳥なども追い払っているのが見れました。・・・オオムラサキのオスの様ですが、澄ました顔で辺りを警戒しています。  ( ^ω^)
DSCN0301.jpg


そして追い払ったあとでは再び同じ場所に戻って来ていました。
DSCN0303.jpg


此処が一番見晴らしが利き、雌のオオムラサキが来るところなのかも知れません。
DSCN0315.jpg


此れは木の下の方で見たチョウ・・・なんというチョウか?
DSCN0284.jpg


羽を広げたらこんな感じ・・・アカタテハの様です
DSCN0289.jpg


セミの抜け殻と一緒に写っていました。
DSCN0308.jpg


此れは同じ所で・・・何チョウなのかな?
DSCN0327.jpg


今此方ではカラスザンショウの花が満開・此れは凄く遠い景色です・・・ハチ達も喜んで蜜を吸いに行って居る事でしょう。
DSCN0240.jpg
DSCN0231.jpg


ビービーツリーと思われる花は未だ咲いておらず、もう少しと言う所でした。
此れが満開になると周辺一帯ハチの羽音が響き渡ります。 (^○^)
DSCN0235.jpg
DSCN0236.jpg

羽化そして大空へ

新潟も梅雨が明けたようですが何か変?・・・空梅雨の感があったり通り雨やスコールの様な降り方の後青空だったりと、昔と気候が変わった感じが致します。
そんな中、我が家の近くでトンボが羽化と云うか脱皮と言うかしていました。 まだ柔らかそうで完全な形ではなく飛ぶ事が出来ませんので、約2時間後に再度パチリして見ました。
生きものって不思議ですね・・・トンボの場合数時間前まで水の中にいて、そして陸に上がって全然違う形になって今度は空を自由自在に飛び回る・・・私もそんな風に変身出来たらな~!!  (*゚ー゚)

オニヤンマ・・・ まだ完全な形ではなく柔らかそうです。
P1050356.jpg

約2時間後の状態です。 スマートになり大体完全な形になったようですが、まだ飛び立つには早そうです。
P1050360.jpg


シオカラトンボかな?・・・結構形になっています。・・・大きな方の抜け殻は昨日オニヤンマが羽化し飛んで行きました。
P1050357_201506230735508a5.jpg

2時間後もうトンボは飛んで行ってしまいました。
P1050361.jpg


此れもシオカラトンボ
P1050358.jpg

2時間後・・・もう完全にトンボ 羽を広げ陽の光で乾かし青空に飛び立つ寸前
P1050362.jpg


此方はまだ色が付いて居ません・・・柔らかそうですがこの時触ったりすると羽などが変形して飛び立てなくなります。
P1050359.jpg

2時間後まだ居ました。
全部4~5メートル範囲に孵化してました。 探したら他にもいました。
夜・蛍も飛んで居たので、今度多く飛ぶところに蛍を見に行こうと思います。  (*´▽`*)
P1050363.jpg

素敵な物頂きました~

先日、私達の会の蝶の先生からこんな素敵な物を頂きました。
夏の観察会ではミドリシジミを入れたペンダントを見せて頂きその綺麗さに感動し、私も作って見ようとその後蝶を見る機会が多くなりました。 しかし数ある中でもそんな奇麗なチョウを見つける事も捕まえる事も出来ず・・・来年はと思っています。 (^_^;

P1040378.jpg


これはギフチョウ・アジサイの花に止まる所・・・春一番に羽化し飛んでいます。
RIMG0026_20150217211732123.jpg


此れはアジサイの花・・・アジサイは七色に変わると言いますが此れは玉虫の羽を貼り付けアジサイにしたそうです。
RIMG0028.jpg


此れはミドリシジミ・・・照明や景色が映らない様にしたら蝶の色が出ない角度でした。(;_;)
この蝶は見る角度によりブルーやグリーンに輝きます。 (∈^▽゚)キラッ☆
RIMG0027.jpg

オオムラサキの森作り

2週間前ボランテアで、私たちの小学校にオオムラサキの越冬場所作りをしのですが、今日また生徒と煤竹のブローチ作りをしたのでその帰り、オオムラサキの森を確認してきました。
オオムラサキはエノキに産卵し、卵から孵った幼虫はその葉を食べ大きくなった幼虫は、秋にその木の根元の落ち葉の中で越冬するのだそうです。そこで幼虫の寝床・・・越冬場所作りでした。

2週間前に綺麗にしたのですが、又落ち葉でイッパイでした。
P1030876.jpg


此処も落ち葉でイッパイ・・・こんなのを12個作りました。
フワフワの落ち葉のベットでオオムラキの幼虫が越冬して、来春奇麗な蝶が舞ってくれると良いのですが? (^_^)
P1030878.jpg


作業前の打ち合わせ…段取りを聴きました。
P1030718.jpg


力が入ります!!・・・腰に気を付けて・・・みんな年寄りのボランテアなのですから (^-^)
P1030731.jpg


みんなで見つめます・・・緊張するな~
P1030726.jpg


皆さん自分の出来る事を一生懸命やってます。
P1030722_20141119203054370.jpg


此方もこれで完了の様です!!
P1030720.jpg


この丘の小さなのが終わればすべて完了・・・みんな気の合う人たちです  (*´▽`*)
P1030727.jpg

オオムラサキ観察会

会のオオムラサキ観察会に行ってきました。
今日も猛暑で山に登るのは大変でした。参加者もこの暑さの為か少なかったです。
目的のオオムラサキは見る事は出来ませんでした。しかし他の蝶は結構いたのですが写真に撮る事は出来ませんでした。

撮れたのはキアゲハ
P1030071.jpg


そしてルリタテハだけでした。・・・がピント合わず!! (>_<) その他 キチョウ・カラスアゲハ・モンキアゲハ・ルリシジミ?他でした。
P1030089.jpg


頂上の標本前で勉強会でした
P1030078.jpg


此れは全部オオムラサキ・・・古いので色があせている感じです。
P1030072.jpg


色々な種類のチョウ
P1030073.jpg


アゲハチョウの種類か?
P1030074.jpg


この種類は何だろうか?
P1030075.jpg


此れはオオムラサキとギフチョウ・・・代表的な珍しいチョウ?
P1030076.jpg

我が家のビオトープ?

私が家を建てた時は、下水道が整備されて無くて汚かった側溝が整備され綺麗になったので、一部塞いで野生種のメダカを飼ってます。 水源は若い頃自分で水道の水圧だけで井戸を掘ったパイプから水がポタ・ポタ・・ポタ・ポタと出ている水と、天から降る雨水です。 それが今は良い具合に色んな虫が住み、水草が生えてビオトープに成っています。
一昨日見たらオニヤンマが2匹と小さなトンボが2匹羽化してました。
そして今日もオニヤンマ2匹出てました。

近くの1匹は大きくなってましたが遠くの1匹はまだ出たばかりでした。
P1010921.jpg


この小さなトンボは、もう羽根が乾いていて近付いたら飛んで膝に止まりました。
P1010925.jpg


此れも小さなトンボ・・・まだ羽が乾いて居ません。
P1010926.jpg


此れは去年のアブラゼミの抜け殻か?・・・まだアブラゼミの声は聴いて居ませがニイニイゼミは盛んに鳴いています。
P1010930.jpg


此れは今日のオニヤンマの羽化
P1010938.jpg


此れはまだ抜け出たばかり・・・夏が近付いてますね (^○^)
P1010940.jpg

久しぶりに蝶蝶トンボを見ました

久しぶりに蝶蝶トンボを見ました・・・子供のころ夏の陽射しが、カ~ット暑くなる頃オニヤンマが飛び、その上の開けた所を、蝶蝶トンボがひらひらと優雅に飛んでいるのですが、絶対に下に降りてこず何処かに止まる所も見た事も無く、どうしても捕らえる事の出来なかったトンボでした・・・。
蝶蝶トンボ