畑ワサビ・行者ニンニクの記事 (1/2)

ワサビ・行者ニンニク

年末から我が家の台所で実験的に育てているワサビの芽が、根を出すことなく枯れて来ました。 此れから気温も上がり、水も腐食が早くなり元気になる事は無いと諦め、結果的に根は出ないと結論付けました。
そこで山で育てているワサビと、行者ニンニクはどの様になっているか見に行って来ました。

此れは1週間ほど前に撮った写真・・・下の方の葉からどんどん枯れて来て、今は半分ほど枯れてしまいました。
DSCN4123.jpg



気を取り直して山の様子を見に行った。
南向きの雪の消えた所には自生ワサビが大きく葉をだし花も咲き始めていました。
DSCN4124.jpg



十字の白い可憐な花です。・・・県の植物園に行きたいが時間が取れない! (T_T)
DSCN4125.jpg



此れは畑ワサビを植えた所・・・北向きなのでようやく葉が出始めました。
DSCN4135.jpg



今は小さいですが葉はフキよりも大きいくらいになります。・・・しかしその頃それを食べる毛虫も多くなります。
DSCN4136.jpg



昨年の秋に畑ワサビの脇芽をポットに植えて置いたもの・・・・保護板の上の雪が溶けたので中を見る事が出来ました。
植えた時よりも大分大きくなり元気になっていました。
DSCN4130.jpg



全部で50~60株有ります。
DSCN4129.jpg



だいぶ元気で大きくなっていました。・・・・雪の中から太陽の方に皆なびいていた様です。
大きくなった苗は又親株の隣に植えようと思います。 ただし耕さず除草も肥料も出来るだけ無しの自然栽培です。 (*゚ー゚)
DSCN4132.jpg



此れは6~7年前に植えて置いた畑ワサビです。・・・増えもせず消滅もせずどうにか残っています。
DSCN4126.jpg



此れは2~3年前に播種した行者ニンニクの苗です。・・・3年は絶対手を付けず其の儘にせよ! との事
もう少し大きくなったら植え替えようと考えて居ます。
DSCN4133.jpg



大分大きくなりましたがもう少しかな?
DSCN4134.jpg



此処は、業者から購入した行者ニンニクの苗を植えた所
DSCN4137.jpg



ようやく雪が消えて、太い芽が出てき始めました。
DSCN4138.jpg



此処にも・・・これらは7~8年経った苗で花が咲き種も取れます。
昨年あたりから採取したタネを蒔いていますが、芽が出て来るかな~・・・(^_^)
DSCN4139.jpg
スポンサーサイト

このワサビはどうなる??

年越しそばの薬味にと買った、ワサビの先を皿に入れ水栽培をしていたのですが、今では葉っぱもたくさん出て来て、此れからどうなるものかと楽しみにしています。
我妻はダイコン・ニンジン・豆苗等をこの様にして、手頃になったら汁の実や掻揚などに使っているようですが、根が出ている様子を見た事が有りません。
このワサビの写真は、12月27日と1月20日・2月25日に撮ったものですが根は出ていません。 根が出たら、清水に植え替えようと思っているのですが、根が出るかは不明です??。
ダイコンやニンジンは、茎(胴)の部分を食べているもので根は一番下の方より出ているので、根は生えてこないのではないか?
ワサビも同じと思う・・・しかし植物で、挿し木や葉挿し等が出来るのだから大丈夫なのだろうか?
何はともあれ、此れからも実験は続きますよ!・・・。

此れが12月27日の状態です・・・根(茎)の部分は食べてしまいました。  (*゚ー゚)
DSCN3415_20170225111024b00.jpg


アップです。
DSCN3417.jpg


此れが1月20日の状態です。・・・大分葉っぱも出てきました。
DSCN3534.jpg


アップです。
DSCN3532.jpg


2月25日現在の状態・・・こんなに葉っぱが出て来て大きくなりました。
葉っぱの出てない葉の茎は、外側から腐れて来たので取ってやりました。 茎の真ん中からは、次々と新しい葉が出て来ていますし茎の周りからは、小さな芽が出始めているようです。・・・上手く行けばこの小さな芽からは、根が出る可能性は有るのかな~ (;´Д`)
DSCN3753.jpg


アップです。・・・何はともあれ楽しんでます  (*´▽`*)
DSCN3755.jpg


群馬の山さん コメント有難うございます。   コメントに答えるため、写真などを以下に追加しました。
現在断面は、日にちも経っているせいか腐りもせず黒くなって、この様に安定しています。
DSCN3954.jpg


そして良い事に、茎の周りに小さな芽が沢山出始めているではありませんか!!  此のまま腐らずに行けば、親からではなく子株から根が出て、苗が取れるのではないかと考えて居ます。 昨年春に上越の山奥から頂いて来た、ワサビと思われる親株から秋に多くの子株が取れたのですが・・・その様に成ればと楽しんでます。
DSCN3955.jpg


此れが秋に親株から出た子株です。・・・この子株を丁寧に1本ずつ切り離して、苗を60鉢ほど作り実家の山に置いたのですが、今はまだ雪の下。
DSCN3368.jpg


2箱のコンテナに入れたのですが、入りきらなかった2鉢が家の庭に・・・雪で潰されぬ様にと物陰に・・・、よって陽にも当たらずモヤシの様ですが、此れから春の陽を浴び栄養取って大きくなることを願っています。
DSCN3956.jpg


土壌も環境も有るし、葉や根を食べる虫もいる事でしょうが、定年・年金暮らしの爺が楽しみながら頑張って育てています。
どうなる事でしょうか? (^○^)
DSCN3957.jpg

又も新潟の自生ワサビの種類は?

確か買った筈と云う本を探してみました。 今から30年程前に私の兄が大崎山の植物と云う本の編集をしたとの事で、記念に買ってやるかで購入した筈、もしかして載っているかと・・・その頃はキノコ・山菜・野鳥には興味あったが植物には全く興味なし・・・ヤット探し出しました。 それにはワサビは有りましたが、ユリワサビ・そしてオオユリワサビなる物は載っていませんでした。
大崎山は三条から秘境80里越えを通り、福島・只見に抜ける入口ですがまだ一般的な里山と思います。

この本は昭和61年に購入したと思います。 ここには410種531枚のスライド写真が載っているそうです。
DSCN3427.jpg


ワサビはこの様に載っていました。 他にユリワサビ及びオオユリワサビは載って居りませんでした。
大崎山は私たちの所と同じ里山と思えるので、同じ自生種のワサビだと考えられますが、しかし葉脈が違うような?・・・今度調べて見ようと思います。 大崎山に有る、森の幼稚園に孫が行っているので時々行くんです。(^_^)
DSCN3478.jpg


植物園や地元で発行されている書物で、結構ワサビと記述されているのでワサビなのかも知れませんが、兄が生きて居れば撮影した場所を聞き、同じ株を見てみたいものです。
春には、新潟の里山に咲く自生ワサビの種類を、植物園に聞きに行く事で解明されるでしょう。 (*´▽`*)
DSCN3479.jpg

新潟 里山の自生ワサビの種類

今考えて見ますと、私の生家の近くに生える自生種のワサビの名前をを調べたのが、今から36年程前に購入した図鑑で知った事を思い出しました。 それが新潟県野草図鑑と新潟県野草図鑑Ⅱでした。
この時に、私は新潟の里山に群生している自生ワサビをユリワサビと頭の中にインプットしたようです。 それ以来私はその自生ワサビをユリワサビと思っていたのです。 しかし今は、それがオオユリワサビではないかと考えて居ます。


右が新潟県野草図鑑で左が新潟県野草図鑑Ⅱのカバーです。
DSCN3426.jpg


Ⅰの20ページにユリワサビが出ています。
DSCN3424.jpg


Ⅱの22ページにワサビが出ています。・・・しかしオオユリワサビは何処にも記載されていませんでした。
DSCN3425.jpg

県立植物園の鑑定

新潟県の、湿り気のある日陰に自生するワサビを持参して、県立植物園へ行き鑑定して貰いました。
ワサビには、ワサビ・ユリワサビ・オオユリワサビが有るとの事ですが、此れは何でしょうとの答えがワサビでした。 再び頭の中が混乱状態です。
ちゃんと書籍も調べて頂き、採取地は植物園の近くで普通に生えているものとの事で、同じものだと思います。
それでも私は納得が行かないんです。・・・私の少ない経験と、皆さんから聞いた事・調べた事の確認に行ったのですが・・・
それはオオユリワサビと云われれば納得し、一件落着だったのですが・・・ 素人の私が納得できないのは、畑ワサビを育てようと思い、自生ワサビの群落の中に、あちら此方から集めた畑ワサビを植えていて、その違いが明らかだからです。
先ず  大きさが違う(此れは栽培種だからかもしりませんが)  それと自生種は夏になると殆どが枯れるが、畑ワサビは枯れません  そして葉の艶と葉脈が違う為、私でも見分ける事が出来ます。  もう1つ ワサビなら水の中にも繁殖して行くのではないかと考えますが、小さい頃から水の中から生えている物を見た事が有りません。
以上の事から私は、新潟の自生種はワサビではないと考えて居たのです。・・・しかし私は素人・相手はちゃんとした人・本を書いた人もそれなりの人でしょうから、そのようなワサビの種類も有るのかも知れません。
担当者も云っていましたが、その本ももうすぐ新しいのが出るとの事、そして自分も花が咲く頃にもう一度調べて見ますとの事で、その頃に再度訪れて見ようと思います。

この様にして持って行きました。
DSCN3421.jpg


今は冬なので、花も薹も若い葉も無いのですが・・・
DSCN3422.jpg


此れは、ワサビの醤油漬けを作ろうと採って来たものですが、私は今まで根〈茎)をすりおろして食べた事がないので、摺って食べて見ようと思います。
DSCN3423.jpg

新潟の自生ワサビの種類は??

今まで気にもしていなかった、新潟の民家や里山の斜面や林の下などに多く自生しているワサビは、何者なのかと云う疑問が湧いて来ました。 その気になって本やネットで調べても、何かしっくり来ないんです??
そこで今の時期の、此方のワサビの画像を出来るだけ多く載せて見ましたので興味のある方ご意見頂ければ嬉しいです。
春の画像前のブログを参照して頂ければ助かります。

今回採って来たものでスケールも入れて見ました。
DSCN3376.jpg


今の時期はこんな感じです。・・・春には根はこんな感じで葉は多くなり20~30㎝に伸び、花は30~50センチに伸びて咲きます。
DSCN3377.jpg


水気の多い斜面や木陰に自生しますが、水の中にはあまり行かないようです。
DSCN3378.jpg


実際私は本ワサビは見た事がありません。 長野などに行っても栽培している所へ行かず後悔の念が有ります。
DSCN3379.jpg


山形から畑ワサビを2回ほど取り寄せて植えていますが、葉の大きさ茎の太さ・長さや葉の色つや等違っています。
DSCN3380.jpg


畑ワサビは葉の茎が親指大になり、葉は20センチ程の直径になりますが、此れは箸位の太さと葉は10cm位の直径にしかなりません。 前の葉柄が残っています。
DSCN3381.jpg


このワサビは秋に小さな葉を出し始め、冬を雪の下で過ごし春に勢いよく花柄を伸ばし真っ白い花を咲かせてタネを付けますが、夏には何処に有るのか分からなくなるほどです。
DSCN3382.jpg


昔・春には母が酒粕で和えてワサビ漬けを作って呉れましたが嫌いでした。しかし今では粕漬けも醤油漬けも大好きで自分で作って楽しんでます。
DSCN3383.jpg


ユリワサビにしては、ユリ片の様なものが有ったのか無かったのか不明なんです。・・・この自生ワサビは何者なんでしょうか? (*´▽`*)
DSCN3384.jpg

畑ワサビの苗づくり

3~4年前から、畑ワサビの試験栽培をし始めているんです。・・・全然上手く行きませんがね (^_^;   ユリワサビはイッパイあるのですが、やはり本ワサビを作りたくて・・・!
初めは奇麗な清水が有るから水ワサビをと思って植えて見たのですが、2~3日で何者かに根と茎を食べられてしまいました。
そこで同じ本ワサビの苗を土に植えて育てる、畑ワサビを栽培し始めたのです。 最初苗を購入しタネを採って苗を作る・・。又は分けつ株より苗を作ろうとしたのですが、タネから苗を作るのが中々難しい。 ところが今年県内の山奥の村に山菜料理を食べる会に参加して、そのまた山奥に5~60cmに伸びた大きなワサビが土の上で元気に育っているのを見つけて、持ち主に頼んで10株程頂いて実家の山に植えて置きました。
先日植えたものを見に行ったら、前に購入した株は分けつしてないのですが、頂いて来た株からは皆多くの子供が出来ていました。 畑ワサビでも色んな種類?や特性?が有るものだと気付き此の苗を大切にしようと考えています。
其処で此の前から、その分けつした子供を古株から取り分けて、ポットに60株程の苗を作る事が出来ました。(^_^)

5~10cm位に伸びた分けつ子株が、この様に出来ていました。
DSCN3368.jpg


元気そうな子株ばかりです。
DSCN3370.jpg


この様に元気な子株を1本1本取り分けました。
DSCN3371.jpg


1本1本丁寧に取り分けたのが此れです。
DSCN3373.jpg


そして此れが、ポットに小さな株を一つ一つ植えて苗を作ったものの一部です。
それは、雪の降るなか実家の山に子供の出来た株を取に行き、清水で土を落としての作業を2回も繰り返したのでした。
そして出来た苗は、今実家の雪の下で眠ってるのですが、此れらも来年の春以降どの様に成るかが楽しみです。 (*´▽`*)
DSCN3374.jpg

マムシ草? ウラシマ草?

先日つばきさんから籠の横にとがったものが見えるのですが、あれは何でしょう? との事で見に行って来ました。天南星とは被子植物単子葉類サトイモ科に属する植物なんですね。
此方ではマムシ草やウラシマ草が良く見られるのですがそれも天南星の一種の様です。

しかしまだ花が出てなくて解かりませんでした。
DSCN2048.jpg


アップです!!   葉が出て花が咲けば分かるのでしょうが・・・? ウラシマ草は浦島太郎さんが釣り糸を垂らして居る様に糸の様なものが下がっています。  どちらも山野草として鉢植えにしている人も居ます。 (^○^)
DSCN2049.jpg


畑ワサビも葉も結構大きくなり花も咲きそうになっていました。 昨年は葉を虫に食べられてしまったので竹酢液をかけ我が家のポットで作った堆肥を蒔いて来ました。  (^-^)
DSCN2050.jpg


行者ニンニクも芽も出てだいぶ葉も大きくなってました。 此れも竹酢液と堆肥をやって来ました。 
DSCN2051.jpg


此方側
DSCN2052.jpg


向う側・・・一番向う側の大きくなった物は今年購入して植えたものです。
早く大きくなってどれも花が咲いてタネが採れると良いのですが・・・    中々上手く行きません (^_^;
DSCN2053.jpg

ユリワサビ? オオユリワサビ?・・・!

このワサビは、私どもの地域では至る所にたくさん自生しています。
処で 今回オオユリワサビなるものが有る事を知りました。 今までユリワサビだとばかり思っていたのですが何となく判別が付きません。 何方様か判別できる方ございましたら教えて頂けたら助かります。  地域は新潟県です。

こんな風に生えております。
DSCN2026.jpg


つぼみと葉の部分です。
DSCN2028.jpg


葉の部分アップ
DSCN2029.jpg


採って洗った所です。
DSCN2030.jpg


根の部分です。・・・・大きな物は去年の根と今年の根が付いておりもう少し大きくなります。
初冬から春にかけてワサビと同じようにしてワサビ漬けにして食べています。・・・根は摺って食べた事はありませんが・・・。
DSCN2032.jpg

山菜作りPart2

山で山菜らしきものを作っている?のですが、この前投稿した時はまだ雪が残っており芽も出ていなかったのですが、今日は畑ワサビと行者ニンニクを植えた所を見て来ました。

5~6年前に植え付けた畑ワサビと行者ニンニクです。・・・大きな丸が行者ニンニクが芽を出した所・他は畑ワサビです。
DSCN2016.jpg


畑ワサビとユリワサビの違い
ワサビの葉が多くありますが、丸印が畑ワサビで葉の光沢が少し違います。・・・6月頃になると畑ワサビの葉はフキの葉程に成り、ユリワサビはあまり大きくなりません。 そして夏になるとユリワサビの葉は無くなりますが畑ワサビの葉はそのままです。
DSCN2017.jpg


此れは行者ニンニク・・・芽を出したばかりですがもう少しするとニラの様な白い花が咲きます。
DSCN2018.jpg


此処は一昨年黒い収穫かごに、行者ニンニクの種を蒔いた物で今年も芽が出てきました。
その向こうに畑ワサビも芽を出してきました。
DSCN2019.jpg


2年目の行者ニンニク・・・無事に芽を出しましたが来年は2葉になるのかな~?
DSCN2020.jpg


此れは1昨年の秋に植えた畑ワサビ・・・分けて植え替えた方が良いのかな~?
DSCN2021.jpg


ようやく雪が消えて行者ニンニクが芽を出してきました。・・・太くならないが肥料が必要なのかな~?
DSCN2022.jpg


アップです。
DSCN2023.jpg


私の実家の周りでは、このようにユリワサビ(オオユリワサビ?)は自然にイッパイ生えています。
ワサビ漬けにすると結構おいしいです。
DSCN2024.jpg