キンリョウヘンの記事 (1/1)

冬のキンリョウヘン

今年も此処、新潟にも本格的に雪が降り始めた。
此方では冬は雪が積もるのは当たり前・・・しかし今年はスノータイヤ履き替えもサボっていたし、庭のキンリョウヘンを軒下に移動するのも、もう少しとたかを括っていたらこの通り雪の中でした。
それにしても四国中央部突然の大雪で100台もの車が山の中に閉じ込められたり、孤立集落が出て死者までもとの報道にビックリ・・・息子の嫁が徳島なので実家に電話したら下の方は大丈夫皆元気な様子に安堵・・・。(^_^)
上の方被害に合われた方々にはお見舞い申し上げます。

雪に見舞われた庭のキンリョウヘン・・・積雪は30㎝、これは前から有ったものでウイルスに感染したものか?と古株をすべて切って新芽だけを残したものです。
P1040033.jpg


葉色も黒く成らず割合と元気・・・此方では凍る事も少ないので外でも大丈夫です。
雪を掃って軒下に避難させました。
P1040034.jpg


此方は今年頂いた物・・・前もって物置に避難させて置きました。・・・ウイルスにかからない様に注意しなければ!!
P1040046.jpg


花芽もバッチリ付いています・・・此れは白花かと思います。
P1040047.jpg


此処にも!
P1040048.jpg


此処にも!!・・・大鉢にはすべて花芽が付いていました。来春は綺麗な花が見れそう!そしてニホンミツバチの捕獲にも役立ちそうです。 (∈^▽゚)キラッ☆
P1040049.jpg
スポンサーサイト

キンリョウヘン

(ブログタイトル及び記事タイトル見えず申し訳ありません・・・ブログタイトルは空白部左クリックしたままなぞって貰うと出ます。記事タイトルは記事タイトルの黒い棒の脇にポインターを持って行くと現れます。・・・直す方法解かる方教えて下さい)  m(_ _)m

キンリョウヘンはランの一種で、その花の匂いはニホンミツバチの分蜂群を引き付ける不思議な特徴が有ります。
私はそのキンリョウヘンを何鉢か育ていますが、ウイルス病にかかり元気が有りません。
そんな中、今回元気で立派な株を5鉢頂くことができました。
そこで今度はウイルスにかからない様に育てようと思いますが・・・苦手なんです。・・・人間界ではエボラ出血熱が心配されますが、ランのウイルスも目に見えないもので心配なんです。

これが頂いたキンリョウヘン
最初室内でと思っていたのですが、其れも良くないらしく屋外に出しました。 直に土壌に触れない様にしましたが・・・前に木陰(木の下)に置いてウイルスに感染したので、それもどうかと思案中です。
P1030572.jpg


此れは前から育てていたキンリョウヘンで、先回今年の葉だけを残して斑点の出ている古い葉をすべて切り落として育てています。 しかし矢張り少しずつ黒い斑点が出てきたように思います。
そこで、この感染組は離れた蜂場で育てようかと考えて居ます。
P1030595.jpg


此れはビービーツリーの苗・・・今年種を蒔いた物、10鉢ポットに移して置いたのですが、矢張りポットの方が断然育ちが良いです。・・・ 必要な人に分けてやろうと思います。
P1030573.jpg