西洋ミツバチの記事 (1/8)

今春最初の内検

今まで越冬明けのミツバチの巣箱は蓋を開けて給餌だけの点検でしたが、新潟も今日は気温が上がり18℃程に成るとの予報で又此れから1週間位良い天気が続きそうなので、巣枠を上げて内部の様子と女王蜂の様子を点検して見ました。
私の西洋ミツバチの越冬は半数ほどの群れが春を迎える事が出来なかったのですが、越冬出来た群れはもう産卵も進んで元気にハチミツや花粉を運んでいました。・・・・ついこの前まで雪がちらついてた新潟ですが、元気に飛び回りせっせと子育てをしているミツバチを見て居ると、蜜蜂と自然の偉大さを感じてきます。

越冬用の巣箱の防寒材を剥ぐっての、内検の様子
DSCN6010.jpg




どんどん中からハチが湧いて来ました。
DSCN6013.jpg




元気なハチ達が巣枠にイッパイ付いています。
DSCN6014.jpg




蜂児枠にはたくさんの働き蜂が、子育てに励んでいました。
DSCN6018.jpg




今年初めて見た女王蜂も、元気に動き回り産卵に励んでいる様でした。
DSCN6015.jpg




新潟も梅の花がようやく、探し回ると1~2輪見る事が出来るほどに成りました。
梅が満開になり、桜が咲く頃には気温も上がり爆発的にハチが増えて来ます。・・・・早く暖かくならないかな~
DSCN6017.jpg




巣箱の内部の隙間に詰め込んでた、保温用の新聞紙を全部取り除きました。 此れから更に気温が上がり晴れが続くようになったら、外回りの保温材も取り除き、奇麗に掃除と殺菌をした巣箱と取り換えようと思います。
DSCN6019.jpg
スポンサーサイト

巣箱の掃除

ハチの先輩から、余分になっている中古の標準箱を譲って貰いました。
私ももう少し蜂群を増やしたい気も有りましたので丁度良かった。 それは消毒殺菌済みで、その消毒費のみで譲ってくれたのです。
それは煤のようなものが沢山付いて居たので、多分熱と煙による燻煙消毒だったのではないかと思いました。

持つと服が真っ黒になるので、水で綺麗にすることにしました。(隅々まで熱と煙が回っているので洗い流しても大丈夫?)
DSCN5987.jpg




洗い流す前の様子です
DSCN5988.jpg




洗い流した後の状態
DSCN5989.jpg




水洗いした後日光消毒
DSCN5990.jpg




何回も燻煙消毒? したものは段々黒くなって色が落ちないようです。
此れが燻煙消毒なら又それが有効に効き目が有るのなら、今私たちが竹の燻煙をしている窯で30箱位一度に消毒できるのではと考えました。
DSCN5991.jpg

西洋ミツバチに盗蜂が来てるジャン??

ハチ達が春の陽を浴びて嬉しそうに飛び回ってるのを見て居ると毛色の変わったのが怪しい動き??!
ニホンミツバチが盗蜜に来ていたのです。 気温の低い時はニホンミツバチが盗蜂となり、暖かくなると 
西洋ミツバチが盗蜂となるようです。・・・普段は西洋ミツバチが強くニホンミツバチを消滅させます。
[広告] VPS

洋蜂に春が来た!

今日暖かくなったので西洋ミツバチの内検と給餌をしました。
消滅した群れも有りましたが、生き残った群れはすこぶる元気!![広告] VPS

西洋ミツバチにも春近し

大分雪も少なくなってきたので、西洋ミツバチ第一蜂場も第二蜂場同様に巣箱前を除雪する事にしました。
巣箱前を除雪しておくことにより、気温が上がりハチが春を感じ外に出だした時に、巣門前の雪上に下りない様にと考えたからです。・・・・そしてどの箱が元気に越冬出来たかを確認出来るから・・(まだ新米の山爺にはそれも楽しみなんです)

第二蜂場は第一蜂場より積雪は少ないです。・・・5群置いているのですが皆越冬成功してくれると嬉しいのですが・・・
此処は最初のダニ駆除剤が効かず犠牲になった蜂も多かったので心配なんです。 (´∀`*;)ゞ
DSCN5949.jpg



除雪後この様になりました。
DSCN5951.jpg



此れは反対側から・・・・ここには5群置いています。
DSCN5953.jpg




あと1~2日すれば巣門前の雪も無くなり土も出て来るでしょう。・・・そうなれば暖かくなってハチが出て来たときには冷たい雪の上では無く暖かい土の上で休めるでしょう? (#^.^#)
DSCN5955.jpg




ところでこの後、先日除雪した第二蜂場に行って見ました。・・・・そしたら少し残っていた巣門前の雪も消えて、多くのミツバチ達が飛び回って居たのです。
DCF00223.jpg



良く見ると、ブロックの上や巣門前の雪よけの板にも沢山のミツバチが休んでいました。
綿布を持って行かなかったので近付けなかったのですが、一番向うの箱からハチが出ていない様な・・・??
心配ですが、内検及び給餌はもう少し気温が上がってからと思うのですが、どの位になってからと云うのが皆目わかりません。
先輩方でどの様にやっているのか御教授頂ければ幸いです。
DCF00222_20180227172757215.jpg

代用花粉(フィードビー)

春暖かくなるとミツバチは,雪が有っても巣内の温度が上がると産卵を始め子育てを始めるという?
花が咲いていなくとも、貯蜜と早春にわずかに咲く花を求めて花粉集めに行き子育てをするらしい?
此処で貯蜜と花粉が集められないと親子ともども全滅しかねないので、気温が10度以上になる日を選んで内検及び糖液と代用花粉を給餌しようと考えてます。・・・・昨年増群時期が遅すぎ、貯蜜と建勢が上手く行って無いと思うのでこの時期にアタフタです (^_^;
其処で給餌に先立ち代用花粉(フィードビー)を作っておくことにしました。

このフィードビーは、昨秋の日蜂協北陸ブロック大会出席時に購入しといた物です。
早速使用方法を見ながら糖液とハチミツでフィードビー粉末を練って作りました。
DSCN5945.jpg



成分はこんなものだそうです。
DSCN5946.jpg



混ぜ合わせペースト状にしたのが此れ・・・・半分ほど既にパック詰めにしてしまいました (^_^;
DSCN5936.jpg




パック詰めにしたのが此れ・・・・パックのトレイは100金で売ってるのを利用・・・
DSCN5937.jpg



全部で9個作りましたが、あと半分ほど残っているので状況を見ながら残りを作ろうと思います。
去年は完成品を買い求めたのですが、固さやパック詰めはそれを習って作って見ました。
蓋は現場で切り落として巣枠の上に逆さにして与えます。・・・美味しいからいっぱい食べてよ~!! (*´▽`*)
DSCN5940.jpg

雪の中から巣箱を掘り出しました!

私は自分の技術向上のためと実験を兼ね複数個所に蜂場を設けていますが、今回だいぶ春らしくなってきたので一番近い洋蜂の巣箱を掘り出してみる事にしました。 積雪のある時期に春の日差しを浴び巣箱内が暖かくなると、ハチは春が来たと勘違いして巣箱を飛び出し、雪の上に落ちたり寒気に当たったりで凍え死ぬとも聞いているのですが、昨年ある先輩の教えでは、今まで試した所凍え死ぬハチも多いが消滅も避けられ立ち上がりも早いので雪を掘ってますと話してました。
よって私もこの蜂場のハチは、気温の暖かくなる日を選んで貯蜜等を調べ、給餌・代用花粉・新聞紙などの交換が必要か判断しようと思っています。

この雪の下には西洋ミツバチの箱が3箱あります。 此処は近いので如何にか行けましたが、山の中はまだまだ見に行く事は出来ません。
DCF00220_2018022316330634e.jpg



どうにか行って掘り起こしましたよ!・・・\(^o^)/
DCF00218_20180223163304964.jpg



こんな風になりました。・・・此れでミツバチ達は暖かくなると出る事が出来るでしょう  o(^▽^)o
DCF00219_201802231632599c9.jpg



巣箱は入口を狭くし、ダンボールと断熱材で包み、入口には雪よけ風よけとして板を立て掛けてます。
DCF00215.jpg



雪掘りを終え一休みしていたら、何か懐かしい羽音が・・・・?!
見ると巣箱の屋根の先端に止まりました。・・・まだ雪が残っている所なのに凍え死ぬのではと心配していたのですが脱糞をして、水を吸うようなしぐさをして何処かに飛んで行きました。
DCF00213.jpg




此方の巣箱では日の当たる所に止まり・・・日向ぼっこをしている様でした (^∇^) 
DCF00217_20180223163257688.jpg




日向ぼっこは気持ちよさそう~ ( ^ω^ )・・・・その後体が温まったのか巣箱の中に入って行きました。
断熱材と段ボールの間に死んでいるハチがいますが、此れは初冬に間違って間に入り込み出られなくなったハチです。
この様な事が有ると、まだまだ技術が未熟だと考えさせられます。・・・・何時も何時も春まで頑張ってくれと願うばかりの私です。
DCF00216.jpg

雪が積もってても・・・

ミツバチは、冬でも冬眠もせず晴れて暖かくなるとちゃんと活動するんです。
大雪の前、雪の晴れ間が有り暖かくなった日が有ったんです・・・

雪に足跡を残して見に行った、この蜂場では・・・
DSCN5913.jpg



ハチが巣箱を飛び出し飛んで居ましたよ!
DSCN5910.jpg



温まった石の上で日向ぼっこのハチも居ました。
DSCN5907.jpg



飛んで来た蜂が雪の上に下りてしまいました・・・早く飛び立たなきゃ凍えちゃうよ!!・・・その後飛び立って巣箱に帰って行きました。 (^○^)
DSCN5905.jpg




此処の蜂場では、真っ白い雪の上に黄色いものが・・・・良く見ると黒い物も落ちて居るんです。 ??
DCF00211_2018020921432110b.jpg



良く調べて見ると、脱糞に出てきたが良いけれど急に体が冷えたり、雪の上に落ちたりで飛べなくなったハチの様です。
DCF00210_201802092143201fc.jpg



こんなふうに死んでいました。
DCF00186.jpg



秋にダニ駆除剤を入れたのですが、蜂児出しや群勢も伸びず、蜜もたまらないのでもしやと思い、オス蜂の蛹を調べるとダニがイッパイ・・・!  ダニ駆除剤が全然効いて無かったのです!!
直ぐに駆除剤を変えたら、床にいっぱいダニが落ちて居ました。・・・そんな こんだでハチ数と貯蜜が少ないので勿体無くて (ノдT)
もう少ししたら給餌してやるから、頑張れと言ってやるしか有りません (^_^;
DCF00185.jpg

山の上の蜂場

突然の大雪が降ってから、太陽が出たり暖かくなったり雨が降ったりで積雪はどんどん減って来ました。
其処で先日、山の上の蜂場を見に行きましたが、大通りからは除雪されておらず車は行けなかったので、農道を歩き坂道を登って行ったのですが、途中から南側になり積雪も少なくなり如何にか蜂場に着く事が出来ました。

蜂場は南向きで山の裏側なので雪も少なかったです。
DSCN5821.jpg



そばに寄って見ると驚いた事に、ミツバチ達は巣箱の周りを飛び回っていました。
DSCN5825.jpg



みんな元気に飛び回っていましたが、矢張り雪の上に落ちたのでしょう、死んでいるのも有りました。
DSCN5823.jpg



出入り口で、たむろしているハチ達も・・・
DSCN5826.jpg




こんな時でもフェロモンを出して入口を教えているのでしょうか?

明日からは再び寒気が入って来るそうです。 夕方から再び雪が降って来ました。
DSCN5828.jpg

ハチの巣箱が埋もれちゃった~!・・・

大雪が降って蜂場に行けなかったのですが、その後太陽も出て積雪も半分くらいに減ったので出かけて見ました。
長い長靴を履き、雪をこざいて見に行行きました。 しかし山の蜂場は無理でした (;゜0゜)

此処は自宅のすぐ近く、中央の3個のもっこりしたのが巣箱・・・半分埋もれてます~
DSCN5798.jpg



近くで見るとこんな感じ・・・冷たい風を雪が防いで暖かいのかも・・・(*^_^*)
DSCN5800.jpg



此処はもう1カ所の蜂場・・・少し雪が少ない感じ・・・しかし風は強い所です。
DSCN5796.jpg



出入り口を見るとハチが死んでいるのが見られました。・・・雪の上にも死んでいるのが見られたので、此の前、一時的に太陽が出て暖かくなった日に、ハチが出て凍死したのかも知りません?・・・雪が積もっていても晴れて暖かくなると飛ぶんですね~
私の洋蜂、病気や盗蜂・獣害等で全滅しない様、3カ所に分けて飼育して居ます。 又蜜源の多い少ないの資料とし、それにより蜂群の数も増やして行こうと考えて居ます。
それには、この冬無事に越して春を迎えて貰わなければなりません・・・頑張れ~! \(^o^)/
DSCN5794.jpg