FC2ブログ

オオタカの観察 Part3

オオタカの観察を始めて時々見に行っているのですが、見当たらない日も有るのですが今日は2羽で同じ枝に止まって居ました。
見に行ったときは居なかったので、遠回りに反対側を探したりして・・・それでも見当たらなかったので戻ってみたらこのように2羽で並んで居ました。
遠回りにポイントの周りを観察していれば、飛んでいる所や求愛のデスプレーを見れるのではと楽しみにしているんです。

こないだよりずっと近ずいて仲良さそうです。
DSCN7651.jpg





2羽であちらこちらを眺めているようです。
DSCN7656.jpg
スポンサーサイト

オオタカの観察 Part2

数年前から同じポイント、同じエリアに時々観察されていたオオタカを、此の近くで繁殖しているのではないか又営巣しているのではないかと考え観察していたら、前回観察できたポイント・・・・里山の斜面の上で周りが良く見渡せる大きな木の枝で再び見る事が出来ました。・・・・・・其れも2羽でつがいと思われる近さで!!

前回と同じ木でこんな風に2羽ならんで下界を見下ろしていました。  今は敏感な時期と思い、非常に遠くからズーム一杯に撮っている為ボケています。
DSCN7573.jpg





此れは別な場所で、何時も池の近くでカモを狙っているオオタカです。  前の場所と1.5㎞ほど離れていて同じオオタカか? とも思ったのですが向うを見て、その足で此れを撮ったので別のものでした。 此処も夏ころにヒヨドリを追いかけているのを見た事が有ったので営巣の可能性も有ります。
・・・・・ここ1週間ほどパソコン調子悪くブログアップできずイライラしてましたが、やっと直った・・・・。
DSCN7585.jpg

ニホンミツバチ巣箱破り対策

毎年冬の間にニホンミツバチの巣箱がキツツキやテンに襲われて消滅しているのですが、残り少なくなったうえニホンミツバチ浪人にならぬようせめて、今生き残っているものだけでも助けようと金網で囲って対策をしてみました。

昨年巣箱を破られ消滅した場所ですが、運よく1群入居したもので何とか生き延びて貰わないと・・・・・
DCF00435.jpg





そこで、この様に金網で囲ってみました・・・・これでアオゲラもテンも穴を開けれないと思うのですが・・・・
しかし天井まではしなかった!・・・金網に囲まれて警戒して入らないと思ったのだが甘かったかな~ (^_^;
DCF00430.jpg





此処も雪が有るのに、今日は暖かく此のまま春が来るのかと勘違いするです。
DCF00428.jpg






こんなに多くの日本ミツバチが入口にたむろしていて元気に飛び出しているのもいました。・・・花粉を付けて帰ってくるハチもいましたよ・・・・?  此れから再び寒くなると困るんだけどな~ !!!
DCF00427.jpg






此処もこんなふうに防御をしました。
今 野生のニホンミツバチが消滅の危機に有るので、これら私のニホンミツバチが元気に生き延びて呉れたら、王台を作り始める頃中を確認して2~3個王台を取り西洋蜜蜂の分割群に移設し、ニホンミツバチの女王蜂を育ててもらう実験でもしてみようと考えています。・・・・・うまくいくのかな~  時間もないし~・・・
DCF00426.jpg

オオタカの観察

オオタカの生息域で有るスポットを気にしていたのですが先日その姿を見ることが出来ました。
其処の木は前に何回もオオタカが止まって居たりそこから獲物に向かって飛び立ったりする木であり又その近くの林に帰って行く姿を時々観察していました。

2~300m離れた所からの撮影であまり警戒もしておらず飛び去ることも有りませんでした。
このオオタカがこの近辺で繁殖営巣しているか確認出来るか出来ないか分かりませんが此れから春まで遠くから観察して見ようと思います。
DSCN7467.jpg





それから2日後に行ってみたのですがまた同じ木に止まって居ました。
先日の位置より少し先端の方に止まって下界を見下ろしているようでした。
前にクマタカが割合近くに確認できたのですが、県道の近く人家の近くと言うのか餌が無かったからなのか不明ですが、元の山の方につがいで帰ったようです。 クマタカにとってはその方が良かったのだと考えています。
DSCN7480.jpg

ニホンミツバチ及び西洋蜜蜂の冬

この前ニホンミツバチと西洋蜜蜂の状況を見てきました。
もちろん積雪が少なく点検出来るものだけでしたが・・・・例年なら積雪で春まで見る事が出来ないのですが
西洋も高台にあるものは見に行くことが出来ません。

此れは日本蜜蜂の重箱式の巣箱
DCF00418.jpg




ニホンミツバチの巣箱を見回った時は、気温が高く活動していました。 ニホンミツバチは5℃以上位で活動できるようです。
入口の下に落ちている黄色い物は古い巣の削り屑で、越冬用の蜂球を作る為や新しい巣を作る為古い巣を削ってスペースを作る為と思います。 冬にこの黄色い粉が多い程元気な群れの証拠と私は見ています。
DCF00417.jpg





此処もハチが出たり入ったりしていたのですが、黄色い巣屑が少ないので元気がないのかな?
DCF00419.jpg




此処は大勢が出て巣屑を運び出したり、出入り口に固まって何か作業をしているようでした。
DCF00420.jpg





此の巣箱は何者かに襲われたようで、巣箱の上側を破られ中の巣板が見えるようになっていました。
巣屑もあまり出されて無いようで生きているのかもわかりません。 秋には元気が良かったのですが・・・・
DCF00423.jpg





こんな風に5㎝×15㎝位の穴が開けられています。 最初は突かれた様な穴が開けられ、それからもっと大きな穴が開けられるんです。  ここにはアオゲラが住んでいて営巣もしています。  たぶんエサの無い冬にアオゲラが突いて蜂を食べ、その後にテンがさらに大きな穴にして蜂と蜜を取るのだと思います。 テンは雪に残した足跡で分かりました。
何とか手当てしなければ、私もニホンミツバチ浪人になってしまいます。
DCF00422.jpg




次の日の西洋蜜蜂
DSCN7471.jpg






家の近くの西洋ですが今年は積雪が少なくハチが早く動きそう・・・・内検・給仕などはいつ頃どうしたら良いのかな~・・・
DSCN7462.jpg

町の探鳥会

町の探鳥会に行って来ました。
前日まで雪模様だった雪も当日はようやく晴れたのですが、しかし途中鳥の声も聞こえず姿は全然見えず・・・・やはり冬ですね。
山の上の茶屋で甘酒を頂き、そこで餌をやっている小鳥たちと戯れそして下界を眺め深呼吸でした。 雪で運動不足になった身体をリフレッシュ出来たのには感謝です。・・・・上り下り自然を眺めながらのおしゃべりも楽しかったです。

エサ不足になる冬期間餌を上げていると手にも載ってきます。
DSCN7291.jpg




これも野鳥が人間を信頼しているから・・・可愛いですね・・・・・・皆夢中でした。
DSCN7292.jpg





皆で下界を見下ろして・・・・・今日は弥彦・角田・佐渡も見えませんでした。
DSCN7295.jpg






探鳥会であまり写真を撮れなかったので、近くを散策した時の写真を載せます。
シジュウカラ
DSCN7255.jpg





コゲラ
DSCN7260.jpg





中サギか? 大サギか?・・・・・・水に映る影が面白い
DSCN7375.jpg





やっと池の近くの木でオオタカを見つけました。   車が動いてるときは警戒してないのか飛ばないのですが、止まるとすぐに飛んでいきました。・・・・・いつもいる様なので次回はタカの気持ちになって撮ろうと思います。
DSCN7411.jpg

新潟の冬・・・まるで春が来たよう! №2

前の動画と同じ日の撮影で蜂場が違います。
動画投稿の練習で№2と№3を投稿 望遠でズームしすぎるとピントが合わなくなるのと、近い所の音が大きく入る(自分の車のエンジン音)事が解りました。

自宅近くの蜂場
[広告] VPS
[広告] VPS

新潟の冬・・・まるで春が来たよう!

[広告] VPS

新潟の冬・・・まるで春が来たような日も有り、西洋蜜蜂も喜んで飛び回っています。

早咲きの梅の花

積雪が無いので町のウメ公園に行ってみました。
此処は私の西洋蜜蜂の吸蜜エリアになって居るので、蕾みはどんなかな~と・・・見に行ったんでが、驚いた事にもう花が綺麗に咲いてるのが有ったんです。 赤・白・八重の観賞用のウメと、梅干用の食用ウメはさすがにまだ堅い蕾みでした。
その何日か前に、暖かい晴れた日が有ったのでミツバチの様子を見に行ったのですが、全ての箱から沢山のハチが元気に出入りしていました。・・・・これらの蜜を吸いに来ていたのかも知れませんね??・・・・・その動画を撮ったのですがなぜか動画がアップできない?!!・・イライラ ウン~ (´;ω;`)

此れは1月15日に撮ったものですが、4~5本のはこの様に咲いてました。・・・・狂い咲きなのかな~???
例年では、本当はこの辺で1m位の積雪が有るのですが、年々暖冬傾向が顕著になって居ます。
DSCN7202.jpg




結構な数が咲いて居ました。
DSCN7203.jpg





綺麗に咲いて居ました。
この近くは町でウメ団地として開発し・・・梅3000本と言われているのですが農家離れで半分位になっているのでは???・・・。
DSCN7204.jpg





綺麗な山茶花が咲いていたので・・・・・
DSCN7205.jpg





満開のも・・・
DSCN7206.jpg






つぼみのも沢山ありました。
DSCN7207.jpg

近くの野鳥たち

年末から正月にかけ風邪をひき、家の中にこもって居ましたが久しぶりにカメラを持って近くを散歩、野鳥を撮ってみましたが人様のように上手くいかない (>_<) ・・・・もっとも3~4万円ほどのカメラ(COOLPIX P610)で三脚もなく同じく撮れる筈がないのですが、もう少し工夫も出来るのではないかと頑張ってます。・・・・そして今年は、ガラケーからスマホにと変えなければ時代遅れになるか? ・・・・ しかし 年も体も時代遅れ、分相応も考えながらハチにカゴにボランテア等を考えると結構大変かも・・・・けどどれも楽しく我を忘れてやっていける事に感謝・感謝!!・・・・今年は私の年 猪突猛進とはいきませんが、身の丈を考えながら楽しく挑戦しようと思います。

朝の光を浴びながら梢に止まるツグミ
DSCN7045.jpg




良く動き回るエナガ・・・・とっても可愛かったのですがこんなのしか撮れなかった (^_^;
DSCN7066.jpg





これはジョウビタキの雌?・・・・これも表情が有る様なものは撮れなかった。
DSCN7112.jpg





コガモが池に居る所・・・・・たまにオオタカが狙って居る事が有るのですが、今日は見かけませんでした。
コガモが飛んでるところも撮ったのですが私のカメラと腕では無理なようです。
DSCN7085.jpg




家に入ろうとした時、隣の屋根越しの木にタカらしきものが・・・・・ここは近所にハトを飼って居る事も有り、良くオオタカも止まる所、急いで覗き込むとノスリでした。
ノスリは、田圃の中を走る道路わきの電柱に止まっているのをよく見かけますが、この様に木の中に止まっているとオオタカに間違いそう (´;ω;`) ・・・・・・今度はオオタカをかっこよく撮りたいと思います。  (*´▽`*)
DSCN7121.jpg