FC2ブログ

ハチミツの分離

昨日取って来た巣枠のハチミツ分離
連日の酷暑にもかかわらず、ミツバチ達は暑さを避けながらもハチミツを集めているようです。
内検をすると、入れてある巣枠全部に蜂児とハチミツでイッパイに成っておりムダ巣を造っているので、多い箱から2枚ほど蜜枠を抜き巣脾・巣礎を入れて来ました。・・・・分離機も買った事だし今年は西洋ミツバチに期待を込め力を入れていたのですが、ようやく少しは念願のハチミツを分けて貰う事が出来ました。

持ち帰った蓋掛けされたハチミツの巣枠・・・・・1/3程蓋掛けされたものを分離するとの事・・・・蜜蓋を切り取るのが難しい!!
DSCN6416.jpg




奇麗に蓋掛けされています・・・・・これらは新しい巣礎に持った物のよう??
DSCN6418.jpg




私はまだ隔王板を使ってない・・・・今は蜂児房の無いものを選んで分離しているが、来年は挑戦して見よう。
DSCN6419.jpg




分離機に入れて分離・・・・・こしきにかけてハチミツとします。
DSCN6423.jpg




黄金色のハチミツが分離されて出てきます。・・・・・ミツバチと私の合作です・・・・ミツバチさん有難う!! (^○^)
DSCN6425.jpg
スポンサーサイト

連日の暑さで夕方内検

新潟も暑い!!
連日30度35℃越えの暑さ・・・40度にはならなかった様ですが39.?度にはなったようです。
此処の所 地震も台風・洪水も新潟を逸れて呉れて有難く思っておりますが、被災された方々にはお見舞い申し上げます。
今までは晴れた日にミツバチの内検をしていたのですが今は雨どころか毎日が猛暑で内検は少し涼しくなる夕方に行ってます。

此処は西洋ミツバチの蜂場・・・・・小高い丘陵地の上で越後平野・信濃川・遠くに弥彦山と角田山が見え、日本海を隔てて佐渡ヶ島を見る事の出来る絶景ポイントです。
DSCN6409.jpg



越後平野と弥彦・角田山
DSCN6410.jpg



此処から弥彦・角田山まで約23~24㎞・・・・佐渡ヶ島までは73~74㎞です。
佐渡は大きく感じられますね・・・・今日もミツバチさんから少しだけハチミツを分けて貰って帰りました  (*´▽`*)
DSCN6411.jpg





やっちまった~!!

西洋ミツバチ 春から今まで一生懸命世話をして、どうにか目標群数になったと思ったのですが・・・やってしまいました~!!
春から分割し産卵開始して大分増勢した箱を、越冬用の蜂場に移動したのですがその際、前日の夕方出入り口を閉めたのですがその時何故か1箱移動するのをすっかり忘れていたのです。・・・・今考えても何故なのか解からない??・・・勘違いをしていたとしか思われません。・・・・まったくそれから反省の日々です (;_;)
(追記)ところが今日7月21日内検した所女王蜂が生存していました!!!  どうか元の状態まで復活して貰いたいと応援!

大分増群された第一蜂場・・・・・此れでも3群移動したんですよ
DSCN6342.jpg



此れと
DSCN6341.jpg




此れの右の箱は現在分割増群中・・・・・・女王蜂が生まれなかったり生まれてもハネムーンから帰ってこなかったり、まだ新米の蜂飼いには難問が多いんです。 (^_^;
DSCN6340.jpg



此れが出入り口を閉めっぱなしにして移動するのを忘れた箱・・・・・大失敗の巻~
DCF00296_20180720144910d6b.jpg



沢山のハチを私の不注意で殺してしまいました。
DCF00295_2018072014491031c.jpg




生き残った蜂と巣枠を別の箱に移動すると、こんなにもたくさんのハチが・・・・・
DCF00292.jpg




女王蜂は生きているのだろうか?・・・・・生き残った蜂で群れを構成できるのだろうか?・・・祈るばかりです (^_^;
此の所異常な暑さが続いています・・・パソコンが熱中症になったみたいで調子悪いし、人間も調子悪い・・・気を付けましょう  (*゚ー゚)
DCF00293.jpg




(追記) 7月21日 今日内検したら女王蜂元気にしていました~ (^○^)
DCF00306.jpg



働き蜂が80%ほど亡くなったので、越冬までに強群になって貰わねば・・・・!!
DCF00305.jpg

湯のまち巡り~軒先アートギャラリー

湯のまち巡り~軒先アートギャラリーに誘われ展示して見ました。
私はニホンミツバチと西洋ミツバチの蜂蜜とクルミと山葡萄の皮を使った籠や小物等を並べて見ました。

こんな感じで・・・・
DSCN6319.jpg



ペーパークラフトや田上の苔を、LED照明を使って魅力的に見せた作品の人も・・・  煤竹を使った作品やブドウ・クルミの皮・クラフトテープを使った小物・可愛い手作り小物や、帽子バックも有ったのですが写真撮り忘れ・・・(´・ω・`)でした~
DSCN6321.jpg



こんなに情緒ある素敵な場所を使わせて頂きました。 (20年程前まで使用していた旧館だそうです)
DSCN6325.jpg

西洋ミツバチは糖度が高い!

私の所ではニホンミツバチの蜂蜜の糖度は80%を越える事は稀なのですが、西洋ミツバチの糖度は今までいつも80%以上を保っています。
やはり西洋ミツバチはハチミツ集めのプロなんだと思いました。・・・・ニホンミツバチに比べ、糖度は高いし量も多く採れそうです。

先日分離した西洋のハチミツの糖度測定・・・・82.8%でした。
DSCN6294.jpg




地元産のハチミツ・・・・早速詰めて見ましたよ!  皆さんに食べて頂けると嬉しいです  (*´▽`*)
DSCN6295.jpg

庭のニホンミツバチ分蜂動画

我が家の庭のニホンミツバチが、今日で5回も分蜂をしました。
新潟も他県と同じくニホンミツバチが激減している中、大変助かっています。

[広告] VPS

自宅のニホンミツバチ分蜂

近年のニホンミツバチが異常です。
生息数が激減・冬を無事越す群れが少ない・そして分蜂時期が疎ら・・・・今まで分蜂はゴールデンウイークがピークだったのが我が家の庭のミツバチは6月12日と15日と18日でした。・・・・(ここのミツバチだけが異常なのか?)
12日は何処にも止まらず遠くに飛び去って行きました。 そして15日18日はすぐ横の松の木に固まり無事捕獲
ニホンミツバチを飼育して10年以上になりますがこんなに遅くの分蜂は初めてでした。

6月20日追記・・・・・今日また4回目の分蜂が有り18日と同じ所に止まりました。 夕方西洋内検から帰ってから無事捕獲、暗い中 蜂場に運び設置してきました。・・・・ニホンミツバチも種を残そうと必死なのではないかと女房と話しています。
是非前のように自然界に沢山のニホンミツバチが復活して欲しいものです。

6月22日再度追記・・・・・又も今日5回目の分蜂が有り2回目より30cmほど先に集合捕獲移動してきました。
群れが減少している中助かります。 (^○^)


目の悪い方には見にくいかも知れませんが空イッパイのハチの乱舞です。・・・そして物凄い羽音です
DSCN6285.jpg



此処からの分蜂・・・・洋蜂7枚用の巣箱2段にしてます。
DSCN6276.jpg




2回目の分蜂は松の枝先の方に止まりました・・・・近くに集合板もあるのにな~
DSCN6275_20180626200858644.jpg





こんな風に蜂球を作っています。
DSCN6274.jpg




アップすると・・・・2000匹くらいいるのかな~??
DSCN6271.jpg




ハチのザワザワが収まるのを待って早速捕獲の準備
重箱の蓋のビスを外し蜂球に被せ蜂球の付け根を紐や針金でなぞれば捕獲完了です。
DSCN6277.jpg





蓋をしてビスを止めしばらく休ませから仁意の蜂場に移動します。
DSCN6279.jpg




此れは18日の様子・・・・12日に止まった位置より1.5m程移動した所に集まり始めました。
DSCN6288.jpg




そして5分後この様な形になり、今までの騒ぎは何だったのかと思える様に静まりました。
DSCN6291_201806182144469be.jpg




こんなにいい子になって皆同じ方向を向いて整列です。
後は又将来の新居に入って頂き環境の良い蜂場で自由に過ごして貰います。
今ニホンミツバチは生息数が非常に少なくなり希少な存在になりつつあり、まさに幻のミツバチになりつつありますので、心ある人は是非保護増殖に努めてほしいと願っております。
DSCN6292_20180618214445da1.jpg

ニホンミツバチ待ち箱入居

久しぶりにニホンミツバチ・・・(^_^;
西洋ミツバチが忙しく、あまり見て居れなかったニホンミツバチの待ち箱を見回ってきた。
ニホンミツバチは自然の中に生きるミツバチ、人の手に係る事を非常に嫌う為あまり手をかけなかったのですが、ここ数年で自然群は壊滅状態となっている感じです。(メントールは一生懸命処方したのですが・・・)
私の所では1箇所のニホンミツバチの蜂場だけが、如何にか生き延びている状態・・・運良く10群ほどが生き残っている状態か?

此処は一番最初に入居した群れ
DSCN6245.jpg




出入りも多く強群の感じです
DSCN6247.jpg




ニホンミツバチは山に住むハチ・・・待ち箱は木の下に置くのが私の流儀ですが・・・此処は割合草場
DSCN6242.jpg





次に続く強群
DSCN6244.jpg




此処は春まで生き残っていたのが一時消滅したかの様子でしたが、再び復活したのか? 又は新規入居か?
DSCN6239.jpg




どうにか出入りしています。
DSCN6241.jpg





此処は、昨年西洋ミツバチを置いてたところにニホンミツバチの待ち箱・・・このあいだ入居したもの
DSCN6251.jpg




あまり強群じゃない様子
DSCN6254.jpg





フクロウの鳴き声がしたので、この蜂場にフクロウの巣箱を設置しているのですが・・・中を確認した事がない (^_^;
DSCN6250.jpg





苦労して登って中を覗くと、丸く真中が凹んでいるので何かが入って寝床にした様子・・・フクロウじゃないもよう?
何時かフクロウが入居してくれると良いのですが・・・
DCF00290.jpg

女王蜂誕生!・・・しかし・・

西洋ミツバチ分割した群れで、王台蓋が開いていて女王誕生した様子・・・一生懸命探してようやく見つけたのですが、様子がおかしい?!!
働き蜂に盛んに攻撃されているのです。・・・特に羽根を狙ってしつこく攻撃・・・細い棒で離してやってもやはりまた食いついて行きます。・・・困った!! (>_<)   ・・・そう云えば2個穴が開いてる!??

王台は不良王台なども考慮し、3~4個残してるのですが2個穴が開いてました。
DCF00273.jpg




こんな感じで穴が開いてました。
DCF00276.jpg




やっと探し当てた女王蜂・・・ 働き蜂に攻撃されてます。
DCF00270.jpg




特に羽根と足に攻撃を仕掛けているようです。
DCF00271.jpg




人間には如何してやる事も出来ないようです。
良く考えると2個穴が開いてる事は、2匹産まれて弱い方を殺して強い方を生かそうとしているのか? とも考えられます。
しかしこの群れは気が荒い群れで、おとなしい群れの王台を入れたもので変成王台をまだ作っており、自分達のDNAを残そうとしているのかも知りません??
ところで、おとなしい群れの分割群も女王誕生していたのですが、此方の方は攻撃されて無く但し生まれた女王蜂が生まれたばかりの働き蜂を攻撃してました。・・・・どうなって居るのやら??・・蜂に任せる事にしました。 (^_^;  ・・・  (^○^)
DCF00272.jpg

分割群順調・・・荒い群れは?

5月14日に4群を分割、時々内検しているのですがどうにか順調のよう・・・女王は卵から16日で羽化ですので何時生まれるのか?
親群から自然王台を付けての分割でしたので4日程経った自然王台なら早ければ25~26日頃に誕生するのではないか?
王台は途中停止など不良王台も有るのを考えて4~5個残してあるのですが、どれが自然王台か?変成王台か?分からなくなりました (^_^;
女王は羽化すると直ぐ他の王台を齧り壊し女王が2匹にならないようにすると云う、2匹同時に生まれた場合は決闘で相手を殺すかどちらかが分蜂するのか!な??・・・・大事を取って待ち箱を置くことにします。

私の西洋ミツバチはこんな所で飼育
里山の上で越後平野の向こうには弥彦山、そして海の上には佐渡ヶ島が見えます。
DSCN6211.jpg



分割群に入れた自然王台
DSCN6223.jpg




大きく育っています・・・・無事羽化して立派な女王に成って欲しい・・・
しかしこの後もクリアーしなければ成らない関門が有ります。
DSCN6222.jpg



ピント合っていませんが・・・
気の荒い群れの分割群と元群をおとなしく多産の群れの王台を切り取って入れました。・・・・此れは女王を取り除いた巣板に四角に穴を開け、そこに同寸法に切り取った物を入れ込んだもの・・・
DSCN6216.jpg




これは一番端に針金で止めました。・・・・成功すると良いな~!  (*´▽`*)
DSCN6218.jpg